スポンサーリンク

海外「日本の古地図に尖閣諸島は”中国領土”の記述?」外国人が中国の主張を疑問視

人民日報英語版で、日本の古地図に尖閣諸島が中国領土、竹島が韓国領土と書かれていたことを紹介する記事に外国人(主にインド人、中華系)からコメントが寄せられていました。

以下、海外の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外の反応

■  中国のメディアはもうじき、オーストラリアが氷河期の時代に中国の一部だったと主張するだろうね。ハハハハ。

→オーストラリアだけじゃないよ。全世界が中国のものと主張するだろうね^^

■  歴史的根拠と言う論理に従うと、中国はモンゴルの領土と言われてしまうよ。

→モンゴルは中国の領土とも言えるよ。

→中国がモンゴルをより長く統治してたよ。

スポンサーリンク




→じゃあ、中国は尖閣諸島をどのくらい統治してたの?

■  もし中国が歴史的証拠で物事を決めたいなら、アジアの大多数はモンゴルの支配下になるよ。中国含めてね。

■  1200年当時、インドの領土は現在のイランとミャンマーにまでまたがっていたけど、だからと言ってインドはそれらの土地を取り戻すことはしないよ。

■  日本はそれらの島々を武力で奪ったんだけど、ポツダム宣言とカイロ宣言で無条件降伏をしたんだ。日本が盗んだ全ての領土は中国に返さなければいけないよ!

■  偽の証拠に効力はないよ。

■  中国の古地図はどこにあるの?どうか見せてよ。

■  2050年には中国は全世界の領有権を主張するよ。

■  中国の人たちは全ての隣国と領有権争いをしてるけど、なんて貪欲なんだろう。いつかその貪欲さのせいで国が失脚することになるよ。

翻訳元:goo.gl/YDbdd7

『海外「日本の古地図に尖閣諸島は”中国領土”の記述?」外国人が中国の主張を疑問視』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2017/08/26(土) 20:53:59 ID:0f0264126 返信

    統治どころか、長城おったててそっから外を
    化外の地呼ばわりしてたよな、歴代の中原王朝は。

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/08/26(土) 21:25:13 ID:73c0e9e5c 返信

    なお問題の地図は林子平の三国通覧図説w
    日本国内に限ってみても正確性に乏しい、地理学者でもない男の個人制作。中国韓国が主張するような、日本の領有権を示す証拠資料として用いられたことは一度もない

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/08/26(土) 22:35:10 ID:bf7e582a2 返信

    日本のカツオ漁師が尖閣列島に棲みつき鰹節を作っていた、日清戦争が起こり尖閣列島の領有権が問題になり日本が領有を宣言、清國からは特に異議申し立てはなかった。

    この時点で領有権問題は解決、その後も中国から異議申し立てがなかったが、最近大陸棚が問題になりだしてから文句を言いだした。

  4. 名前:  投稿日:2017/08/26(土) 23:34:15 ID:2141a3593 返信

    >>■ 日本はそれらの島々を武力で奪ったんだけど、ポツダム宣言とカイロ宣言で無条件降伏をしたんだ。日本が盗んだ全ての領土は中国に返さなければいけないよ!

    第二次大戦でアメリカを主体とする連合国軍が武力で奪ったんだよ
    その後はずっとアメリカ統治下だったけど正式に日本へ返還された
     
    連合国軍側だった中国に返還されたんじゃないぞ
    連合国軍側から日本へ返還されたんだぞ

  5. 名前:匿名 投稿日:2017/08/27(日) 01:38:43 ID:f6d72647e 返信

    中国って戦後出来た国だろ
    いくら古地図に記載されてようがお前らの領土って事にはならんだろ

  6. 名前:匿名 投稿日:2017/08/27(日) 10:59:11 ID:b2b60355c 返信

    時の政府が作ったわけでもない19世紀の地図が根拠になるなら
    中国政府が20世紀に出した感謝状で、尖閣が日本領土として書かれているのは
    完全無欠の証拠だよなあw

  7. 名前:匿名 投稿日:2017/08/27(日) 11:51:43 ID:bc1793df1 返信

    毛沢東も人民日報でも、学校の地図でも、感謝状でも尖閣は沖縄所属と認めてるからな
    中国側の証明資料が複数ある
    中国側が認めてるし、日本の領土で間違いない

  8. 名前:匿名 投稿日:2017/08/27(日) 12:04:46 ID:7624fd33b 返信

    1960年に北京市地図出版社が発行した
    『世界地図集』には尖閣諸島が日本名で表記されています。
    しかし、1969年から1970年に国連アジア極東経済委員会(ECAFE)の
    調査によって石油、天然ガス埋蔵の可能性が公表されると
    中国は尖閣諸島の領有権を主張し始め、中国の地図も改竄されました。
    ところが、このECAFEの調査と同時期の1969年に中国政府が発行した地図では
    尖閣諸島が日本の領土として認められていたことが、
    外交雑誌「Foreign Policy」に掲載されているのです。
    これは中国政府の公式地図ですから決定的な証拠です