スポンサーリンク

海外「いち時代の終わりだね」カストロ議長の死去に外国人から驚きと哀悼の声

1950年代にキューバ革命を起こし、キューバを社会主義政権の国にして半世紀以上、国を統治したカストロ議長が11月25日に死去しました。90歳でした。米ソ冷戦時のキューバ危機では、カストロ議長は世界中から注目を集めました。キューバを変えたカストロ議長の死去に対する外国人の反応を翻訳しました。

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz (Speaker Icon.svg audio), 1926年8月13日 – 2016年11月25日)は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記(英語版)を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。
国家元首として在職中、日本国内においては「カストロ議長」と呼称されることが多かった。wikipedia「フィデル・カストロ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外の反応

cuba

■  カストロは永遠に生きるのかと思ってたよ。

■  俺は子供の頃にキューバに住んでいたハーフのキューバ人だけど、カストロは全てのキューバ人のアイデンティティーとキューバ人の人生観が深くしみ込んだ人間だったよ。彼の死去はキューバにとってターニングポイントになるだろうね。

→キューバ人は彼についてどう思ってるの?

→人によるよ。マイアミのリトルハバナ(アメリカへ亡命したキューバ人の街)に行けば、みんなパーティを開いてるだろうね。俺のおじいちゃん(共産主義者)やおじいちゃんの友達は、深く悲しんでいるよ。現地のキューバ人に聞けば、本当の答えは返って来ないよ。だって彼らができる表現方法は名目上の国家主席の死を悼むことだけだからね。

■  俺はカストロの死去にとても驚いてるよ。彼は不死身だと思ってたからね。

■  カストロは冷戦時代の最後の巨人の一人。一時代の終わりだね。

■  オバマは葬儀に参列するかな?

→するだろうね。今年、オバマは野球の試合をラウル(カストロの弟)と観戦したし、キューバとの絆を復活させようとしてたからね、

■  今キューバはどうなってるんだろ。

→カストロはすでに権力はなかったし、彼の弟が国を治めてるよ。

スポンサーリンク



■  とても悲しいよ。

■  90歳?wow..

■  カストロが好きでも嫌いでも、彼を尊敬すべきだと思う。だってカストロを失脚させようとした全ての歴代のアメリカ大統領よりも長く生きたからね。

■  カストロはアメリカのブラックフライデーの日に亡くなったね。何て皮肉なんだろう。共産主義のリーダーが最も資本主義的な日に亡くなったからね。

■  カストロが好きでも嫌いでも、彼が私たちの時代に大きな影響を与えたのは事実だよ。

■  好きでも嫌いでも、彼はとても重要な人間だったよ。安らかにお眠りください。

■  今年、俺は歴史的な瞬間を目撃してきたけど、それはまだ終わってなかった。

■  キューバは以前のようにはもうならないだろうね。

■  世界のリーダー達がカストロの葬儀に参列するのか興味があるわ。

■  なんてこった。とてもショックだよ。

■  80年代にキューバに行ったよ。当時はアメリカ人の渡航はあまり許可されていなかったんだ。暑くて湿ってたけど、魅力的で美しい国だった。暖かい人たち、かわいい古い建物、よく手入れされている車、商店の棚は空っぽ、巨大な教会。

■  安らかにお眠りください。カストロ

goo.gl/bk6Vui


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ