スポンサーリンク

海外「鹿がお辞儀するんだぜ!」奈良公園の鹿に外国人、カルチャーショック!


奈良と言えば東大寺!東大寺と言えば奈良公園の鹿ですが、野生の鹿が人間のそばで共存している光景は外国人にとって不思議に映るようです。

国の天然記念物であり神の使いである鹿たちが、奈良県庁の芝、東大寺、お土産屋など様々な場所で我が物顔で闊歩している姿はとても日本的な光景に思えるようです。

以下、東大寺がある奈良公園の鹿に魅了された外国人観光客の反応を翻訳してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

奈良公園の鹿に魅せられた外国人の反応

deer

翻訳元

■  奈良公園は、日本で私が最も楽しめた場所のうちの一つだよ!公園には自由に歩き回っている鹿がいるんだ。鹿に近寄って触ったり餌を与えたりできるよ!

■  奈良公園は、俺たちの二週間の日本旅行のハイライトになったよ!鹿がどこにでもいるんだぜ!鹿せんべいをもっと欲しがってて、鹿が俺に噛み付いてきたんだ。でも大丈夫だった。怪我はなかったよ!絶対、鹿を見るべきだよ!

■  公園内はとても巨大なんだ!たくさんのお寺があったけど、メインの主人公は鹿なんだ。鹿はどこにでもいるよ。お店の中にさえね!鹿せんべいは売店で売られていて150円で買えるよ。鹿はせんべいを買えば、鹿はあなたを追いかけてくるよ!

■  ここの鹿は鹿せんべいを欲しがってる時、人間にお辞儀をするんだぜ。日本文化とマッチしてるんだ!実際に来てみて体験してみてくれ

■  奈良公園は人間を恐れない鹿でいっぱいなんだ。

■  8月に行ったんだけど超暑かった。。鹿は可愛かったよ。でも鹿せんべいを買い過ぎないでね。じゃないと鹿たちの間で超有名スターになってしまうから。

スポンサーリンク




■  奈良公園は鹿に餌を与えている人たちがいっぱいいて、見ていて楽しいよ。鹿せんべいを与えない限り、鹿はフレンドリーだよ。なぜなら、ここの鹿はちょっと攻撃的なんだ。鹿が人を噛んだり押したりしているのを見たよ。鹿せんべいを欲しがってたからね。

■  私はちょっと誇張してるかもしれないけど、私の14歳の娘がここの鹿が大好きなんだ。とても巨大な公園で放し飼いの鹿たちと歩いて素敵な経験になったよ。もし世界が奈良公園みたいだったら、世界中の恐怖や恐れ、暴力がもっと減ると思うよ。

■  ご存知のように、奈良公園は鹿だらけの公園なんだ。もし鹿が恐いならオススメできない。ここの鹿はとても飼い慣らされているんだ。 ここでは鹿せんべいを買って、鹿に与えることができるんだ。ポケットやバッグに隠し持ったりしないでね。鹿から攻撃をされるから早く餌を与えるべし。鹿におじきをしてみてくれ。とてもかわいくリアションするよ!

■  俺の5歳と7歳の子供たちが鹿を見て楽しんでたよ。鹿が近づいてきた時は注意した方がいい。

■  紅葉の季節に行ったよ。とても平和で美しい公園なんだ。風景を見たりしてリラックスできるから2、3時間は楽しめるよ。

鹿せんべいの購入場所と時間、値段は?

奈良公園の鹿の大好物「鹿せんべい」は今から300年以上前の江戸時代の1670年代には発売されていたと言われています。鹿せんべいは、一束10枚入り150円で売られいてて、茶屋やお土産屋、東大寺などで朝8時頃〜夕方17時ぐらいまでの間で購入できます。

鹿せんべいの材料は、鹿に優しい小麦粉と米ぬかだけで出来ているので、人間が食べても大丈夫ですが、味が全くなく美味しくないのでおすすめできません。

鹿せんべいは、購入したらすぐに鹿に与えるのがオススメです。素早く与えないと鹿に襲われてしまいます。

東大寺、奈良公園に鹿がいる理由は?

東大寺と同じ奈良県にある春日大社で祀られている雷神、剣の神、相撲の神である武甕槌命(たけみかづちのみこと)が白い鹿に乗って現れたからだそうです。そのため鹿は神様の使いとされ神聖視されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする!

おすすめ記事
スポンサーリンク