スポンサーリンク

海外「外国人はぶどうの皮をむかないよ!」日本人の生徒が外国について知らなかったことを教えて!

「日本で英会話講師として働く在日外国人へ質問。自分が教えるまで日本人の生徒が英語以外で知らなかったことってある?」というスレッドに対する日本で働く英会話講師の反応を翻訳してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本で働く英会話講師の反応

sensei

翻訳元

(投稿者)
英語以外であなたが教えるまで日本人の生徒が知ら無かったことってある?

■ 大人にカンチョーするのは西洋ではタブーだということ

■ 日本以外の国にもしっかりとした四季があること。桜は他の国でも育つこと。

→日本は季節が5つあるよね(梅雨を数えれば)

■ 田舎の女の子は指パッチンができないのを知ったよ。男がやることだと思われてるみたい。その子達にやり方を教えなければならなかったよ。

→ウインクについては?俺は片方の目でまばたきできるんだけど、俺の生徒たちはそれが魔法のようだって思ってるんだ。

→俺の日本人の彼女も俺のウインク能力を魔法だと思ってるよ。彼女が真似してみるんだけど、すごく面白いんだ。たぶんその生徒だけじゃないよ。

■ ハムとベーコン、ソーセージが豚肉だってこと。

■ 外国人はぶどうの皮をむかないこと!

→俺の日本人の嫁は全ての果物をむくんだ。りんご、梨、桃、キウイ。気が狂いそう。。

→キウイに関して言えば、皮を向けば皮の毛で窒息せずに済むよ。

→私はりんごとキウイは、むく派だよ。ちなみにアメリカ出身。それが普通だと思ってたよ。直売のりんごは皮付きで食べても大丈夫だけど、お店で買ったものだったら皮をむいて食べた方がいい。輝きを保つためにりんごにワックスで磨いてあるからね。梨は通常むかないな。桃に関しては食べないから何とも言えない。

→俺はアメリカ人がりんごの皮をむいてるのを見たことがないよ。パイ用とか以外でね。

→同意。マクドナルドで子供用に売られてい皮なしのりんごなら見たことがある。子供は皮が嫌いだからね。

→でも俺たちはキュウリをむくよ!

→俺たちって誰?

→ドイツ人・・・

→あっ・・・ありがと


スポンサーリンク


■ たくさんあるから羅列してみるよ。

・他の国の人も箸を使うこと。

・同じ国なのに地域によって時差がある国があること

・日本は日本出身じゃない人にとっては「外国」であること(僕が「外国に行ったことがある。そこはいま住んでいる日本のことだよ」って言うと、たくさんの日本人が驚くんだ)

・南北アメリカ大陸とヨーロッパは、飛行機で長時間かかること

・アメリカの食べ物はハンバーガーとホットドッグ以外にもあること

・多くの外国人が母国の首都に行ったことがないということ

・多くの外国人がお風呂よりシャワーがすきなこと

・多くの外国人がスパイシーな料理が好きなこと

・外国でも湿気が多い国があること

・肩こりは日本人特有の感覚ではないこと

・God damn it!(畜生!)という表現は礼儀正しい言葉じゃないってこと

・ピーナッツバターとピーナッツクリームは同じじゃないこと

・全ての外国人が青い目をしているってわけじゃないこと

→肩こりのwikipediaの日本語ページ見たけど、他の言語で説明されてるページがなかったよ。

→100%とは言えないけど、日本人は肩こりは肩が十分に温まってない時に起こるんだと信じてるよ。それに肩こりはストレスの兆候だとも信じられている。

→日本人は肩こりを眼精疲労と関連させている。すべての肩こりのCMは、サラリーマンが眉間をつまんで目をこすってるんだ。本当に眼精疲労と繋がりがあるの?誰か知ってる?

■ 瓶のふたを指でひっくり返す方法について。俺は某大手ビールメーカーのマネージャーやスタッフに英語を教えてたんだ。

→俺はコインを指でひっくり返す方法かな。

■ 先輩後輩のシステムがアメリカにないこと。生徒「えええええ?」

■  自分も羅列するよ

・ネルソン・マンデラについて(高校の生徒たちに教えた)

翻訳部メモ:ネルソン・マンデラとは?

ネルソン・マンデラとは、南アフリカ初の黒人大統領でノーベル平和賞を受賞したレジェンド。南アフリカで起こったアパルトヘイト(人種隔離政策)の反対運動をして、1964年に国家反逆罪で終身刑になり27年間投獄されました。その後、1990年に釈放されて、アパルトヘイト反対運動を再開しアパルトヘイトを廃止させました。

・外国の子供は太陽を赤色で描かないこと。ある日本人の先生は困惑して「じゃあ何色を使うの?って聞いてきた」

・いちごはビニールハウスではなく、外でも成長すること。

・西洋では、クリスマスの日は学校も仕事も休みであること

・ヨーロッパではヴォルヴォや、BMW、ベンツは高級車ではないこと


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする!

スポンサーリンク