海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「日本のエンタメは韓国完敗!第4次韓流ブームの兆しがある!!!!!!」

ブログランキングに参加中です。毎日の応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

記事内容:

記事タイトル:「報復」を誓ったのに。。日本を降伏させた「愛の不時着」「NiziU」

日本の強制徴用賠償問題などを巡り、韓日関係が悪化する中で、ドラマ「愛の不時着」に続き、アイドルグループ「NiziU」が日本で爆発的な人気を集めている。日本メディアは、次々と「世界に通用するほどの高いレベルになった」とし、韓国の文化コンテンツを紹介した。

日本の週刊誌「プレジデント」は、「何故NiziUは世界を興奮させるのか?日本のエンターテイメントが韓国に完敗した理由」というタイトル記事を掲載し、韓国と日本のアイドル文化を比較した。

NiziUは韓国のJYPエンターテイメントと日本のソニーミュージックが開催した超大型グローバルオーディション「Nizi Project」を介して誕生したグループである。マコ、リク、リマ、リオ、マヤ、ミイヒ、マユカ、アヤカ、ニナなど合計9人の日本人メンバーで構成されている。

パク・チニョンが作詞、作曲したタイトル曲「メイク・ユー・ハッピー」を打ち出したアルバムは公開3日で日本国内の各種音楽プラットフォームで1位を独占するなど、現地で爆発的な人気を博した。

プレジデントは「NiziUは韓国と日本、中国や東南アジアなどでも注目されている」とし「日本のエンターテイメントが国際化で韓国に大きく遅れを取ったことを認めざるを得ない」と述べた。

それとともに、日本のアイドル、モーニング娘、AKB48などを紹介し、日本のエンターテイメントが完敗した理由を指摘した。プレジデントは「日本はアイドルの高いパフォーマンス能力ではなく、「未成熟」に熱狂する」とし「完璧な容貌や歌唱力はむしろアイドルの邪魔になる」と批判した。

プレジデントは、「しかし韓国は未成熟ではなく、外形的完成度と高いパフォーマンスを必要とする文化がある」とし、韓国アイドルがグローバルの舞台で人気を集める理由を説明した。続いて未成熟であることを前面に出した日本のアイドル文化は変わらなければならないと指摘した。

先に朝日新聞も、韓国国内での日帝強占期の強制徴用被害者に対する日本戦犯企業の賠償問題を巡り、韓日両国政府が対立しているが、韓国ドラマ「愛の不時着」が人気を集めていると報道した。

「愛の不時着」はパラグライダーの事故で、北朝鮮に不時着した韓国の財閥相の令嬢、ユン・セリ(ソン・イェジン)と、彼女に恋に落ちた北朝鮮軍将校のリー・ジョンヒョク(ヒョン・ビン)の物語を描いたドラマだ。現在、このドラマは日本のビデオ・ストリーミング・サービス、ネットフリックスで視聴率上位10位圏内にいる。

朝日新聞は日本の大衆文化界で△ドラマ「冬のソナタ」△アイドルグループ「東方神起」△韓国食品および化粧品など、大きく3回にわたって韓流が起きたとし、「第4次韓流」の兆しが現れていると予想した。

引用元:https://bit.ly/3gVVY8f

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


韓国人の反応

半島の名無しさん

クール・ジャパンなんてとっくに滅びた。

半島の名無しさん

NiziU〜〜全員日本の子供たちなのに…

半島の名無しさん

私たちのノウハウを何故日本に教え与えたんだ?

半島の名無しさん

JYPはなぜ日本のアイドルを世界的に育ててるんだ?

半島の名無しさん

JYPも不買する必要があるね。

スポンサーリンク




半島の名無しさん

日本のグループに韓国グループのノウハウを教えたことが、韓国の誇りなのか?

半島の名無しさん

なぜ独歩的なスキルを日本に伝授したんだ。

半島の名無しさん

愛の不時着は名作である。

半島の名無しさん

エンタメ産業はローカライズした瞬間、価値が喪失する。

半島の名無しさん

世界に通用するほどの高いレベルになった。

半島の名無しさん

日本人で構成されて日本語で歌ってるじゃないか?NiziUが韓国アイドルなのか?ただのJYPの日本のグループだ〜!

半島の名無しさん

なぜ日本のグループを広告するんだ。売国奴よ!

半島の名無しさん

SMが作った中国人グループと何が違うのでしょう?

半島の名無しさん

パク・チニョン氏に失望です。

半島の名無しさん

文化は流出するのではなく定着します。文化を支配すると、その国を支配することになります。パク・チニョンが日本人の考え方を韓国式に支配してるのです。

翻訳元:https://bit.ly/3gVVY8f