海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「全世界の反中感情が過去最悪に!韓国だけが逆行中!」

ブログランキングに参加中です。毎日の応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

記事内容:

香港のサウス・チャイナ・モーニングポスト(SCMP)は、「反中情緒拡散とコロナで就職を諦めた留学生たちが大挙帰国し、中国で「歴代級の就職難」が起こっている」と述べた。実際にキャリア開発サイトの「ユニキャリア」の調査によれば、今年、本国に戻った大卒以上の中国人留学生は、1年前の70%以上増加した80万人である。彼らは本土の卒業生874万人と史上最悪の就職競争を繰り広げているのだ。

世界各国の反中感情が高いため、このような事態が起きているのだろうか?結論から言えば、1979年の中国の改革・開放路線を採用して以来の40年で最高水準である。全世界が中国に背を向けている状況である。

・アメリカ人の4人に3人が「中国が嫌い」77%は「習近平不信」

中国への全方位圧迫と切り離し(decoupling)を行っている米国がそうだ。今年7月末、世論調査機関ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)が米国の成人を対象にした調査では、回答者の4分の3である73%が中国に否定的な認識を持っていると明らかにした。

これは、アンケート調査してきた15年間で最も高い数値だ。中国について「非常に否定的(very negative)」との回答も史上最高(42%)で、昨年の春(23%)の2倍の水準である。回答者の78%は、「ウイルスが全世界に広がったのは中国政府のせい」と答え、77%は「中国共産党の習近平総書記を信頼していない」と述べた。

・中国製品不買…Huawei、中国産アプリ退出

今年の6月に中国との国境紛争で軍人20人の命を失ったインドで反中感情が起こり、中国産不買運動に広がった。インド政府は、今年6月に59個、7月に47個、今月2日に118個の220以上の中国産のスマホアプリの使用を禁止した。昨年、インドのモバイルゲーム市場でシェア1位になった中国産バトルグラウンド(PUBG)とTikTok、WeChatなどがすべて含まれた。

ユーザーが8億5000万人に達するインドの移動通信市場と第5世代(5G)通信設備投資からHuawei、ZTEなどの中国企業は、事実上排除された。各種ソーシャルメディア(SNS)は、市民から有名人、政治家が上げた「中国産製品不買」の文と映像が洪水をなしている。インド貿易協会(CAIT)は、来年までに中国産の輸入額を130億ドル減らすという目標の下、今年7月に中国製品ボイコットキャンペーンを開始した。

・スウェーデンとドイツも「中国幻想」破り脫中

より大きな反転をしたのは、これまで、米中対決構図で中立あるいは、中国に関与(engagement)政策を固守してきた欧州連合(EU)の脱中、反中隊列への参加である。

中国とEU首脳とのビデオ首脳会議で、シャルル・ミシェルEU首脳会議常任議長とドイツのメルケル首相ら3人が習近平書記に、香港・ウイグル地区の人権改善とフェアトレードを公開要求した。今月初め、ドイツ、フランス、イタリアなどのヨーロッパ5カ国を訪問した王毅中国外交部長は、どこでも歓迎されなかった。親中性向のイタリアでさえジュゼッペ・コンテ首相が多忙なスケジュールを口実に、王毅との面談を拒否した。マックス・ベルクマン米国進歩センター(Center for American Progress)上級研究員は、「フォーリン・アフェアーズ(Foreign Affairs)」の最新号への寄稿文で「中国の不公正貿易とコロナウイルスの管理の失敗、攻撃的な狼外交のため、反中世論が急騰し、EU全体が地政学的に目覚めている」と述べた。

中国初の西側諸国修交国として、2005年に最初のヨーロッパ孔子学院を開設したスウェーデンの豹変がこれを象徴する。スウェーデンは今年4月に最後に残っていた孔子学院さえ閉鎖させ、欧州43カ国のうち最初に孔子学院をすべて追い出した国になった。中国最大の経済協力国で親中のドイツさえ、最近「新インド太平洋政策」などを発表し、米国側に立った。

・東南アジア「ミルクティー同盟」…

アセアンでは、中国に敵対的な「ミルクティー同盟(Milk Tea Alliance)」の構築が現実のものとなっている。この同盟は、紅茶にミルクが乗っているミルクティーをみんなで楽しむ香港、台湾、タイの3カ国の若者が主導する「反中連帯」だ。

発端は、今年4月にタイの有名モデル、ウィラヤ・スカラムがツイッターで「コロナウイルスが、中国武漢研究所から流出した」という文を上げた。中国愛国主義の青年集団と共産党のコメント部隊である五毛党を中心として、スカラムを嘲笑する侮辱的なコメントをし、両国の青年が正面衝突した。

ここに中国の威圧行動に怒っている台湾、香港、フィリピンのネチズンが加勢し、国際サイバー戦争に拡大した。タイでは、ハッシュタグ#MilkTeaAllianceのタイ版が登場して、100万回以上リツイートされた。彼らはフィリピン、インドなどの青年たちと手を握って反中共感を広げている。

「反中感情」は、イスラムとアフリカでも火がついている。シンガポールの南洋理工大学のテロ専門家であるモハメド・シナンイェフは今月14日、SCMPへの寄稿文で「多くの負債を提供し、インフラを掌握し、軍事基地を確保する中国の帝国主義的アプローチにイスラム圏とアフリカ諸国が憤慨している。中国は、イスラムのテロリズムの新たな標的になっている」と指摘した。

・「反中戦線に参加する韓国企業により多くの機会を」

世界各国と中国との「蜜月時代」が幕を下ろした最大の原因は、2049年に世界1位を国家目標に掲げた中国が、国際社会と法を無視してスパイ、反人権、反公正行為を日常的に行っているからである。

中国共産党が国家目標と対外政策の基調を変えない限り、各国で反中感情が野原の炎のようにより激しくなるという話だ。このような状況で、韓国企業は中国を抜いて躍進している。

サムスン電子がHuaweiを抜いて、米国の通信企業Verizonと8兆ウォン規模の5G通信機器の輸出契約を結び、インド市場でLGの携帯電話の販売台数が今年上半期最高の10倍近く急増した。

・文政権の中国を支え持ち上げる…「米中均衡論は誤判」

アン・セヨン西江国際大学前学院長は「「チャイナリスク」に負担を感じたドイツの自動車企業が、中国製ではなく韓国産バッテリーを続々と選択している」とし「私たちが反中戦線に参加すれば、企業がより多くの機会と利益を得られるだろう」と述べた。

世界的な「反中の波」の中で、ムン・ジェイン政府は「私一人で中国を支える」形を取っていると専門家は語った。「経済は中国、安全保障は米国」という長年の思考に囚われたムン政権は、香港・新疆ウイグル弾圧など、中国の各種非行と不法に一切沈黙したまま、米国主導の経済繁栄ネットワーク(EPN)への参加などに躊躇している。

ユン・ドクミン韓国外国語大学客員教授は、「韓国よりはるかに強大国である日本とインドでさえ、国家の利益のために、米国側に立って密着している」とし「米国と同盟関係の韓国が米中のバランス外交をするという発想は、自己矛盾であるだけでなく、現実的にも不可能な誤った判断」と述べた。

引用元:https://bit.ly/307LYlV

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


韓国人の反応

半島の名無しさん

親中従北政府OUT!

半島の名無しさん

反中の一番大きな原因はコロナだろ。

半島の名無しさん

中国、北朝鮮、韓国は三銃士。ふふふ。

半島の名無しさん

自国の利益のために反中が必要だ。

半島の名無しさん

世界的に最強国と認められている米国と日本には反対し、世界的に最悪の国として認識されている中国と北朝鮮には屈従する共産主義者ムン・ジェイン。

スポンサーリンク




半島の名無しさん

確実に共産主義者だ。

半島の名無しさん

ムン・ジェイン大統領と支持者をすべて中国に送れ。

半島の名無しさん

親中親北売国奴たちは本当に危険です。彼らの罪を審判する必要があります。

半島の名無しさん

反中反北を積極的に支持します〜〜

半島の名無しさん

反中で輸出はどうするんだ?

半島の名無しさん

中国は共産国家ではないか?(笑)

半島の名無しさん

反中共は真理である。

半島の名無しさん

ムン・ジェイン本当に問題だ!

半島の名無しさん

この状況で韓国の首長が共産主義者であるという事実が嘆かわしい。

半島の名無しさん

韓国は親中反日です。ふふふ。国際いじめっ子を自任している(笑)

翻訳元:https://bit.ly/307LYlV