海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

海外「日本が”JAPAN”と呼ばれている由来は?」日本の呼び名の起源に外国人興味津々の声!!!

ブログランキングに参加中です。毎日の応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

「何故、日本は英語で”JAPAN”と呼ばれているのか」「何故、日本では”ニホン”と呼ばれてるのか」に対して外国人からコメントが寄せられていました。

以下、海外の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


海外の反応

■  「ジャパン」はまだ「ニホン」と発音が近いだろ。「Germany(ジャーマニー:英語のドイツ)」と「Deutschland(ドイチュランド:ドイツ語のドイツ)」のに比べたらね。

■  ニホンなの?ニッポンなの?

→両方正しいよ。「ニッポン」は7世紀後半に生まれた発音で、「ニホン」は多くの日本人の間で、より多く使われている発音だよ。「ニッポン」はフォーマルな場面で使われ、「ニホン」は日常のカジュアルな場面で使われるんだ。だから両方正しいよ。

■  日本では日本はJAPANと呼ばれてないの???俺の人生全て嘘だったんだな。

■  インドネシア語とマレーシア語の「Jepun(ジェプン)」は、中国南部の閩語の「Jit-Pun(ジップン)」から来てると思う。中国全域で漢字が使われているけど、地方によって方言が違うんだ。方言によっては日本の発音は「Cipangu」や「Jepang」「Jipun」だったりする。北京語では、日本は「Riben(リーベン)」と呼ばれている。日本人は日本を「ニホン」と呼んでるね。でも、この発音の違いは実はたいした問題じゃないんだ。最も重要なことは、「日本」という漢字それ自体だからね。漢字の意味を知っている者にとって、日本という漢字の発音が違っても、意味は共有できているからね。

スポンサーリンク



■  ロシア語では日本を「Yaponiya(ヤポニヤ)」と呼んでるよ。何故だかわからないが。

■  マルコポーロは、現実の人間じゃないよ。彼は13世紀に書かれた小説「東方見聞録」(ルスティケロ・ダ・ピサ)の中の登場人物なんだ。

■  「Japan」は古ポルトガル語の「lapam(ヤパン)」から来ているよ。

■  マルコポーロの話は偽物だよ。彼は詐欺師で、嘘で覆われた物語をたくさんでっち上げてたんだ。彼の情報の全ては他の商人たちから聞いた話だよ。

■  アラビア語では日本を「Yaban(ヤーバーン)」と呼ぶ。

■  ポルトガル語が母語の者だけど、かなり混乱してるよ…。俺たちは日本のこと「Japão(ジャパゥン)」と呼んでるけど、多くの場合「nipon(ニポン)」を使うんだ。例えば、日本文化について話す時、俺たちは「cultura japonesa(コートーラ ジャポネーザ、意味:日本文化)」ではなく「cultura nipônica(コートーラ ニポニーカ、意味:日本文化)」を使うんだ。「cultura japonesa」は正しいけど、使う頻度は少ないんだ。

■  スペイン語では、日本を「Japón(ハポン)」と呼んでるけど、日本について何か言及する時は「nipón(ニポン)」と呼んでるよ。

■  タイ語では、日本を「Yee Pun(イープン)」と呼んでるわ。福建語のような古代の中国南部の言葉から来てると思うな。

■  Japanは、呉語(上海語)のzeebenが元になってると思うな。

翻訳元:goo.gl/tuF4M8