海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

海外「日本が”JAPAN”と呼ばれている由来は?」日本の呼び名の起源に外国人興味津々の声!!

ブログランキングに参加中です。毎日の応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

「何故、日本は英語で”JAPAN”と呼ばれているのか」「何故、日本では”ニホン”と呼ばれてるのか」に対して外国人からコメントが寄せられていました。

以下、海外の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


海外の反応

■  「ジャパン」はまだ「ニホン」と発音が近いだろ。「Germany(ジャーマニー:英語のドイツ)」と「Deutschland(ドイチュランド:ドイツ語のドイツ)」のに比べたらね。

■  ニホンなの?ニッポンなの?

→両方正しいよ。「ニッポン」は7世紀後半に生まれた発音で、「ニホン」は多くの日本人の間で、より多く使われている発音だよ。「ニッポン」はフォーマルな場面で使われ、「ニホン」は日常のカジュアルな場面で使われるんだ。だから両方正しいよ。

■  日本では日本はJAPANと呼ばれてないの???俺の人生全て嘘だったんだな。

■  インドネシア語とマレーシア語の「Jepun(ジェプン)」は、中国南部の閩語の「Jit-Pun(ジップン)」から来てると思う。中国全域で漢字が使われているけど、地方によって方言が違うんだ。方言によっては日本の発音は「Cipangu」や「Jepang」「Jipun」だったりする。北京語では、日本は「Riben(リーベン)」と呼ばれている。日本人は日本を「ニホン」と呼んでるね。でも、この発音の違いは実はたいした問題じゃないんだ。最も重要なことは、「日本」という漢字それ自体だからね。漢字の意味を知っている者にとって、日本という漢字の発音が違っても、意味は共有できているからね。

スポンサーリンク



■  ロシア語では日本を「Yaponiya(ヤポニヤ)」と呼んでるよ。何故だかわからないが。

■  マルコポーロは、現実の人間じゃないよ。彼は13世紀に書かれた小説「東方見聞録」(ルスティケロ・ダ・ピサ)の中の登場人物なんだ。

■  「Japan」は古ポルトガル語の「lapam(ヤパン)」から来ているよ。

■  マルコポーロの話は偽物だよ。彼は詐欺師で、嘘で覆われた物語をたくさんでっち上げてたんだ。彼の情報の全ては他の商人たちから聞いた話だよ。

■  アラビア語では日本を「Yaban(ヤーバーン)」と呼ぶ。

■  ポルトガル語が母語の者だけど、かなり混乱してるよ…。俺たちは日本のこと「Japão(ジャパゥン)」と呼んでるけど、多くの場合「nipon(ニポン)」を使うんだ。例えば、日本文化について話す時、俺たちは「cultura japonesa(コートーラ ジャポネーザ、意味:日本文化)」ではなく「cultura nipônica(コートーラ ニポニーカ、意味:日本文化)」を使うんだ。「cultura japonesa」は正しいけど、使う頻度は少ないんだ。

■  スペイン語では、日本を「Japón(ハポン)」と呼んでるけど、日本について何か言及する時は「nipón(ニポン)」と呼んでるよ。

■  タイ語では、日本を「Yee Pun(イープン)」と呼んでるわ。福建語のような古代の中国南部の言葉から来てると思うな。

■  Japanは、呉語(上海語)のzeebenが元になってると思うな。

翻訳元:goo.gl/tuF4M8

『海外「日本が”JAPAN”と呼ばれている由来は?」日本の呼び名の起源に外国人興味津々の声!!』へのコメント

  1. 名前:その太 投稿日:2020/10/06(火) 22:20:05 ID:78b0dab50 返信

    オランダは2020年1月1日から
    ザ.ネザーランズに名称を変更したらしい
    20年前ぐらい前からネーデルランドと
    思ってたけど、ソレもマチガイみたいだし
    軽くショック受けたわ。

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 11:29:13 ID:39efa01ee 返信

      オランダ人の自国の呼び方(正式名称)は
      「Koninkrijk der Nederlande」でネーデルラント王国
      そこは変わらない

      でも英語圏での呼び方は
      「Holland(ホランド)」と「the Netherlands(ザ・ネザーランズ)」があって
      もともとはホラント州だけのことを指していたホランド呼びを止めて
      政府公式で「the Netherlands」でザ・ネザーランズに統一しますってこと

      der nederlande(蘭)もthe netherlands(英)も意味は「低地」
      フランス語でも「低地」そのままの言葉で
      「Pays-Bas(ペイバ)」でオランダのことだと通じるし、呼び方はそのまま

      ちなみに両国の長年の歴史的経緯を鑑みて
      ホランド由来でも日本の「オランダ」呼びはOKになってるらしいw

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 22:23:50 ID:953febcb4 返信

    日本の国名は世界で一番様々な呼び名があると思うんだがどうなんだろう?
    漢字とJ、G、Yの読み方のせいで

  3. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 22:25:44 ID:56aa7baa4 返信

    発音が違うってだけなんだよね
    ヤーパンだってドイツ語のJがヤ行ってだけだし

  4. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 22:28:06 ID:c7825844a 返信

    では、正解はなんなん?

  5. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 22:34:57 ID:5e03108c9 返信

    タイ語だと最早え、いまの日本って言ったの?ってレベルで分からんな

  6. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 22:43:41 ID:1c8c24185 返信

    トルコとスペインの情報が新鮮だった

  7. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 23:00:05 ID:d8e2aa133 返信

    『旧唐書』で初めて「日本」という名前が出てくるが、当時の発音では「ニェットプァン」で、「ニッポン」に近い
    その後時代は下り、唐の末期では「日」の「n」の発音が巻き舌になり更に入声における韻尾である「-t」「-p」「-k」の発音が欠落する
    つまり「ニェット」が「ジー」という発音になる
    「プァン」も「パン」に変化する
    「ジーパン」という当時の中国語読みが、ヨーロッパに伝わっていく
    1604年頃刊行の『日葡辞書』では「日本」は「Ippon」と書かれていて、ラテン語ではJの表記がないためにIで始まっているが「ジッポン」と読んでいたことになる
    これが、英語のジャパンになる

  8. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 23:13:25 ID:ee33447f2 返信

    フィンランドはスオミだし、ギリシャはヘレンという自国の呼び名がある。
    アテネ五輪でもギリシャチームのジャージにはヘレンと書かれてた。
    ウイグルも中国人が付けた呼び名で本人たちはチュルク(トルコ)と呼んでる。
    日本もウイグルやトルコ系諸国からはチュルクと呼ばれてるんだよね。
    同じトルコ民族ということなんだろうな。

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 07:48:35 ID:389519794 返信

      倭、大和、八島、瑞穂、扶桑、秋津洲、、日本も呼び方はたくさんあるよ。知らないだけで他国にも旧国名や民族名、首都や国土の特色、宗教等を元に別名があっても全くおかしくないと思う。

  9. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 23:13:51 ID:9d28f6f55 返信

    多分、最後の中国人の説が正しいと思う

    2
    2
    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 16:45:40 ID:f19c336fe 返信

      その通り。呉音でジッポンで問題ない。
      日本語にも音が残ってる。
      「本日」←何と読む?

  10. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 23:29:51 ID:29da8d7c2 返信

    昔の日本の呼び方は『ジッポン』、『ニホン』、『ニッポン』と三種類呼び方があったと昔聞いたことがあるような気がする。
    どうせTVの知識だろうから、あってるかわからんけど。

  11. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 23:30:40 ID:9c2b04a52 返信

    たぶん漢の発音だろう
    日本の音読みは漢からのものだし「日本」の音読みはジッポン
    ジパングやジャパンと似てるでしょ?

    中国では度重なる侵略戦争で漢字の本来の発音は跡形もなくなってしまったからリーベンと読むけれど

    1
    4
  12. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 23:42:09 ID:e6413eef5 返信

    外国人にこの事きかれたら何て答えたら良いか自信ないわ
    とりあえず
    ググれカスでエエかなw

    3
    1
    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 11:57:11 ID:481b4572b 返信

      最初に広めた(聞いた)奴の、耳に聞こえた音ってことだよw
      その後「JAPAN」が定着した後の現地読みなんだし…
      それだけ、古い時代からちょくちょく話題にされてたってわけだね。
      今、国名を聞かれたら「にほん」「にっぽん」だと言えばいい。

  13. 名前:匿名 投稿日:2020/10/06(火) 23:47:41 ID:c047dc3be 返信

    マルコ・ポーロは泉州で杭州に出入りしている日本の噂を聞いて日本のことを伝えた
    もう一つはヨーロッパが植民地にしていた東南アジア人の言う日本
    いずれにせよ、元は中国南部に於ける日本国の発音を外国人が聞いて訛ったもの

  14. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 00:01:37 ID:f8d097a1c 返信

    漢字の音で

    日は 呉音が「ニチ」→ニッポンへ 、漢音が「ジツ」→ジャパンへ

    と推測する

  15. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 00:41:16 ID:ffa8025d7 返信

    ふと思ったんだが、漢字は表意文字なのにチャイナの歴史の中で発音がこう変わっていったって何で分かるんだろう?
    確かベトナムやコリアでもあまり分かってないはず。
    日本は訓読みやひらがな、カタカナのおかげて結構分かるが。

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 16:53:44 ID:f19c336fe 返信

      すべてがそうではないが日本語のおかげで分かる例もある。
      例えば「行」これを明代の音では「あん」と読む。
      なぜわかるかというと日本に同時代から使われ始めた行灯(あんどん)という言葉が残っているから。
      上記はあくまで近年の話だが、その他にも日本に音が残った例はあるので調べてみると面白い。

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/09(金) 16:43:17 ID:062f774bc 返信

      渡来僧や留学僧がどの時代にどこの寺から仏典を日本に持ち込んだか,
      ということが仏教用語の中にたくさん残っている.

  16. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 00:57:35 ID:cbb19c100 返信

    敢えて統一せず千年以上の歴史の中で変わっていく読み方そのままで表現して欲しい
    ジャパンだって日本という名称からすると許容すれど間違っているのだし、様々な時代の呼び方どれもが正しいという面白さがあるといい

  17. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 01:07:29 ID:21a618720 返信

    ダジャレの大喜利が開かれてるようにしか見えないが
    なかなか面白いコメント欄だった!ありがとう覚えておきます。

  18. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 01:46:44 ID:ddc037fb6 返信

    元々「日本」は「にほん」や「にっぽん」ではなく、「やまと」と呼んでいたのが事実。
    例を挙げると「日本天皇」の読みは「やまとのすめらみこと」
    「日本武尊」は「やまとたけるのみこと」
    「にほん」や「にっぽん」が定着するのは平安時代以降だそうだ。

    • 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 11:48:39 ID:481b4572b 返信

      「ひのもと」と言う言い方は出て来ないのかな?
      日本が定着した後、余興で使っただけなのかな。

  19. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 02:55:33 ID:d3b12cbc2 返信

    もともとはニッポンが正しい発音らしいし、欧州の発音は基本的にパとかポの発音になってるからそっちはポルトガルかどこかがルーツで、その後は各国ごとの文字に起こしたときの発音で変化したんだろう。アジア圏は漢字で日本を現地読みしただけやろ。

  20. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 03:42:55 ID:3ea2c2cd0 返信

    ポルトガル語やスペイン語ではニポンって呼んでるんだな
    もうちょっとがんばってニッポンにしろや

  21. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 03:59:51 ID:a6f0b4899 返信

    日本と直接交流があったところは日本の発音があるのかね

  22. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 05:22:25 ID:f93c2aa4b 返信

    >「ニッポン」はフォーマルな場面で使われ、「ニホン」は日常のカジュアル

    えっ?そうだっけ???

  23. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 05:40:01 ID:081979a6f 返信

    中国の方言ではない!!!

    中国は独裁者が北京語で統一して歴史を捏造している。

    コイツラすぐに方言というが、時代時代により、どの言葉が強いかによる。

    華人にも、いろんな民族がいるんだ。違う民族なんだよ!!!

    日本は、もとは日の本だろう。それが大陸に渡り、じっぽん、ハポン、ヤポン、

    ジャポン、ジャパーーーーーーーーーーーン!!!

  24. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 05:54:34 ID:e9b65ec1a 返信

    国際名称ジャパンの元ネタのポルトガルで日本と交流あった分、
    にほん、にっぽんに近いnipon(ニポン)になってんの面白いな

  25. 名前:名無し 投稿日:2020/10/07(水) 08:40:06 ID:8ddf9d981 返信

    日本、日の元。昔の本当のシナ人は日本ジップンと発音していた。現代の日本でも、日ジツとも読むし、本もポンと読む。
    千年以上前のシナと交流の有った東南アジアの国々は、日本を、ジップンと呼んでいる。
    今の中国人の主流は外部から流入した中国人擬き。本当の華人は、広東、福建,四川等の日本をジップンと呼ぶ人達。

  26. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 09:45:54 ID:fd983e796 返信

    「ひのもと」とも言ってたな
    何か使い分けがあるんだろうか

  27. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 10:02:31 ID:e64693c6b 返信

    元ってなんだろ日のもとから来るんだろうけど支那より先に日が出るからきてんのかね。
    なら聖徳太子の頃からなのか?倭国は支那が付けたのでそれは駄目だと日の本って名乗ったのか。

  28. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 12:14:16 ID:c4a7a81a0 返信

    マルコポーロという人物がいたことは正しいが、脚色が多いことは間違いない。

    凄い冒険をしたように思われるが、実は当時のモンゴル帝国内を商売のために東の「元」まで父親と一緒に旅した後、皇帝の部下として雇われただけだよ。おそらく、イタリアとの交易のための通訳が必要だった。

    モンゴル帝国は今でいう「ビザ」にあたる牌子(パイザ)と呼ばれる旅券を発行し、パイザを持っている人間(商人や大使)を警護したり、駅では馬を無料で借りれたりする制度を作り、帝国領域内の交通網や流通網を整備していた。だから、当時もヨーロッパの人間が東の元の大都まで結構な数が商売や遊学、外交などで旅行に来てるんだよ。つまり、マルコポーロが特別な人間だった訳じゃない。

    東方見聞録は、帰国後投獄されたマルコポーロが親戚に語った話を、面白可笑しく脚色して書いたので有名になっただけ。

  29. 名前:匿名 投稿日:2020/10/07(水) 16:04:15 ID:2eab9dfba 返信

    今でも旭日のように日をジツと読むけど、
    古代の日本人は日本と書いてジッポンと呼んでいたという説があってだな、
    それが中国に伝わって、マルコポーロが聞いて、
    ジパングという名前になったという説があったな

  30. 名前:ふー# 投稿日:2020/10/08(木) 11:28:07 ID:864ec14e8 返信

    日→にち、じつ。
    本→ほん、ぽん。
    日本→じつ・ぽん。これが訛ったんですわ。
    →じぽん→じぱんぐ→じゃぱん、じゃぽね、やぱん、やぷん、いぷん
    だから、全部が日本という漢字の別の読み方です。