海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「習近平訪韓で米国か中国かの選択を強要される!当然、米国だ!!」の声

ブログランキングに参加中です。毎日の応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

記事内容:

・中国外交を総括する楊潔篪(ヤン・チエチー)が訪韓すれば、習近平の訪韓が急激に進められる。

中国の外交政策を総括する楊潔篪中国共産党外交担当政治局委員の訪韓が可視化されれば、習近平国家主席の訪韓も急激に進められると予想される。

これまで習主席は今年、日本と韓国を訪問すると公言したことがあるが、日本が米国と蜜月になる傾向であり、日本国内の反中感情の拡散で、日本訪問は事実上失敗に終わる可能性が高い。

韓国政府はこれまで習主席の訪韓に力を注いで来た。習主席の訪韓で高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の配置後に、冷却した両国関係が正常化されるだろうという期待も大きかった。

しかし、習主席の訪韓が中国を圧迫する米国の動きに反旗を翻すように見えるため、それが韓米関係に少なからず負担になるという懸念も出ている。結局、韓国の立場では「米国か中国か」の選択を強要される状況になると思われる。

北京の外交消息筋は「楊政治局員の訪韓について、確認された話はない」と言いながらも楊政治局員の訪韓説を否定してはいない。

・米国、同盟を結成し中国包囲、中国は拠点国を通じて突破口模索

中国と対立している米国は、新しい同盟を結成して中国を包囲して圧迫している。

米国が韓国など同盟国に経済的繁栄ネットワーク(EPN)参加と先進7カ国(G7)の拡大会議への出席を求めている。 EPNは米国の反中経済ブロックに韓国と日本、オーストラリア、インド、ニュージーランド、ベトナムなどの参加を求めている。

中国は「一帯一路で(陸・海上シルクロード)」を使用して突破口を探しているが、主要国は抜けており、これに対する対策が必要である。

ムン・イルヒョン中国政府法学部教授は「米国が政治同盟を作り、米国と中国の両者の対決ではなく、西側世界と中国の対決に追い込んでいる」とし「中国はこのような包囲網を崩すのに最も近い包囲網である韓国を崩すだけの状況」と述べた。

彼は「中国は近隣で韓国、東南アジアでは、カンボジアやフィリピン、欧州では、イタリアとドイツ、南米ではブラジルなどを拠点国に置いて中国陣営の作成に総力戦を繰り広げている」とし「このような観点から見ると、韓中関係がこれまで以上に友好的であるのは理解できるものであり、習主席の訪韓の可能性も高い」と付け加えた。実際、中国は初めて韓国の入国制限措置を緩和した。

ただし習主席の訪韓で、11月の米大統領選挙まで韓国に痛みを伴う選択の迷路に追い込む可能性がある。 11月に大統領選挙を控えているドナルド・トランプ政権は、習主席の訪韓について、反中の前線から韓国を離脱させようとするイベントと判断する可能性があるからだ。習主席の訪韓が確定すれば、韓国に対する米国の圧力が続く可能性もある。

匿名を要求した外交消息筋は、「安全保障は米国に依存しており、経済的な側面から見れば、中国との関係を無視することはできない立場」とし「米国と中国の対立が大きくなる中でバランスを維持することは容易ではない」と述べた。この消息筋は、「米国と中国がこのような私たちの状況を定数として受け入れているようだ」とし「習主席の訪韓が南北や在韓米軍などの問題につながることはなさそうだ」と付け加えた。

引用元:https://bit.ly/3kLuTXM

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


韓国人の反応

半島の名無しさん

世紀の独裁者、習近平の訪韓反対!!!

半島の名無しさん

現在、中国共産党は全人類の敵である。覚えておいてください。

半島の名無しさん

習近平訪韓に反対する。習近平はコロナ謝罪からしなさい。

半島の名無しさん

当然、米国だ。

半島の名無しさん

来ても2週間隔離は必ずやれ。

スポンサーリンク




半島の名無しさん

大韓民国が本当に気をつけなければならない国は中国だ…

半島の名無しさん

敢えて来る必要はないのに…

半島の名無しさん

習近平が訪韓すれば、米国との関係は終わるだろう。

半島の名無しさん

来れば、糞を詰めた風船を投げてやれ。

半島の名無しさん

米国側で行こう。

半島の名無しさん

中国は絶対に信じられない。

半島の名無しさん

親中をするなら、私は移民に行くわ。

半島の名無しさん

共産党は韓国に来ないで…

半島の名無しさん

2週間の隔離は忘れてはならない。

翻訳元:https://bit.ly/3kLuTXM