海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国外相「入国制限した日本に強力抗議した(激怒)」恥ずかしい!小学生レベル!の声

記事内容:

カン・ギョンファ外交部長官が冨田浩司在韓日本大使を異例に直接招致して、日本の韓国人入国制限の強化措置に強く抗議した。

カン長官は6日、ソウル外交部庁舎で冨田大使を呼んで、日本政府が前日、日本が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散防止のために韓国人の入国制限などの措置をしたことを巡り、強い遺憾を示した。長官が大使を直接招致することはかなり異例なことだ。

カン長官はこの日、自分に腰を曲げて挨拶する冨田大使に握手もせず、固い表情で迎えた。カン長官は「私が今日、大使を招致したのは日本政府が露骨に入国制限強化措置を取ったことについて、韓国政府の厳重な立場を伝達するためである」とし「長官が直接大使と会おうしただけでも、私たちの認識をよく感じることができるだろうと考えている」と述べた。続いて「韓国政府が優れた防疫システムを通じて、コロナ19を厳密に制御しているにも関わらず、日本政府が不当な措置を取ったことについて深い遺憾の意を表する」とし「またアクションを自制することを、これまで数回求めたにも関わらず、十分な協議はもちろん、事前の通知無しに措置を強行したことについて驚きを禁じえない」と付け加えた。カン長官は「韓国政府がコロナ19拡散の遮断を行っている時点で行われたという点でも非常に不適切であり、その背景に疑問を生じざるを得ない」とし「私たちはむしろ日本の不透明で消極的な防疫措置について懸念を持って見守っている」と警告した。また「今回の措置が非友好的であるだけでなく、非科学的なので速やかに撤回することを強く要求する」とし「撤回しない場合、私たちも相互主義に立脚した措置を含む必要な対応策を講じる」と述べた。

これに冨田大使は「今後1〜2週間でコロナ19が終息するかどうかの重要な時期」と了解を求めた。

外交部は5〜6日、相馬博久日本大使館総括公使も二、三回も庁舎に呼び、日本の入国制限措置の説明を要求した。外交部が特定の事案を巡り、同じ国の大使館関係者を二日連続呼び出すのは事実上初めてのことだ。

引用元:https://bit.ly/39uoV7f

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  恥ずかしい。日本の大使様、申し訳ありません。

■  長官のレベルが完全に小学生だね。

■  中国や北朝鮮には何故このようにできないんだ?

→序列が上なので不可能です。ふふふ。

■  100カ国が大韓民国を拒否している。

スポンサーリンク



■  あんな人が外交首長だなんて。。国の恥だ。

■  その写真一枚がムン政権のレベルを世界に示し、韓国のレベルを示している。ふふふ。感情に偏っている。

■  笑わせるな。なぜ日本にだけ?

■  あんな礼儀やマナーは日本から学ばなければならないんじゃないか?

■  日本が道徳的にもより優れているということをあの写真が証明していますね。適切な範囲内の90度の挨拶。一方、カン・ギョンファは高慢な姿勢。韓国人であることがこんなに恥ずかしく思ったのは初めてだ。

■  率直に言ってこれは日本にちょっと申し訳ない。

■  これまで外交をこのようにしてきたのか?

■  この写真で韓国経済は終わった。

■  あまりにも恥ずかしい。

■  中国大使に声を上げられないのに(笑)

翻訳元:https://bit.ly/39uoV7f