海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「コロナで東京五輪キャンセル説が流れてる!韓国は不参加しよう!」の声!

記事内容:

全世界のメディアは「コロナ19(新型肺炎)による、いわゆる「インフォデミック」との戦いを繰り広げています。世界の祭りと呼ばれるオリンピックも例外ではありません。

東京オリンピックを通じて全世界に福島の復興を知らせようとした安倍政府の計画にまた赤信号が灯りました。コロナ19のためです。

不安は日本人も同じです。SNSで「国際オリンピック委員会(IOC)が東京オリンピックを中止させる」という情報も広がりました。

これに対して、日本の共同通信、朝日新聞をはじめ、英国のガーディアンなど、多くのメディアが事実確認に出ました。

外信は東京オリンピックキャンセル説は、日本のニュースまとめサイトから開始されたと分析しています。このニュースは、IOCと世界保健機関(WHO)が東京オリンピックの中断を議論しているというタイトルで、ドイツDPA通信社が伝えたニュースと発表しました。

オリンピック憲章第36条によれば、オリンピック憲章やIOCの規定およびガイドラインに違反したり、NOC(国内オリンピック委員会)、組織委員会あるいは開催都市が自分の義務に違反した場合、IOCはいつでもこれらのNOC、組織委員会は、開催都市からオリンピック大会を開催する権限を撤回することができるとされています。

国家オリンピック委員会の義務には、「選手のための医療と健康に関連する措置を奨励し、支援する」という内容が含まれています。「東京オリンピック委員会が「コロナ19 による選手の医療と健康に関連する措置を取らない」とIOCが判断した場合、キャンセルも可能であることを意味しています。

しかし、その条項が実際に適用された事例はまだありません。伝染病の懸念でオリンピックをキャンセルしなければならないのではという主張は、2016年にもありました。リオ・オリンピックの時です。当時、ブラジルでは、新生児に小頭症などを引き起こすジカウイルスが広がっていました。今回の事態と同様に、WHOが緊急事態を宣言しました。

IOCは、当時の感染の懸念は大きくなく、開催に問題がないという結論を下し、予定通りオリンピックが開催されました。これに一部の選手たちは、個人的に不参加を宣言しました。

IOCは、今回の東京オリンピックも計画通りに進行するという立場です。東京オリンピック組織委もコロナ19の拡散に対する懸念を表しながらも、これと関係なく、オリンピックを推進するという立場を明らかにしたています。しかし、共同通信などは自国内での懸念も大きい状況とし、きちんとした対策を提示しなければならないと指摘しています。

引用元:https://bit.ly/3bBuu5E

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  すでに滅びたオリンピックだ…

■  武漢肺炎に放射能に40度迫る東京の炎天下は完璧な三位一体。

■  日本のクルーズ船の取り組みを見れば、オリンピック開催の資格はないのがわかる。

■  キャンセルが生きる道だ。

■  キャンセルしろ。能力がないので無理しないでください。

スポンサーリンク



■  日本のコロナ19対処レベルを見るとキャンセルが合っているようだ。

■  キャンセルを願っています〜〜

■  日本はただの二次元国だ。

■  コロナだけでなく、放射能も問題。

■  要約:真実ではない

■  日本は滅びろ。

■  既に再生不能。

■  キャンセルすべきだ。

■  様々な問題でキャンセルは歓迎だが、4年努力してきた選手たちには、あまりにも切ないニュースですね。

■  頼むから韓国だけは不参加しましょう。

翻訳元:https://bit.ly/3bBuu5E