海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「日本はドイツから学べ!日本は謝罪しろ!ドイツは日本と次元が違う!」の声!!!

記事の主な内容:

APTNと AFP通信によると、メルケル首相は強制収容所で「ドイツ人が犯した野蛮な犯罪、考えられ得るすべての境界を越えた犯罪の前に、恥を感じる」と述べ「どんな言葉も、ここで非人格的な処遇を受けて拷問され殺された多くの人の悲しみを和らげることはできないだろう」と述べた。

ドイツのメルケル首相が、ナチスドイツが第二次世界大戦当時、ポーランドで作ったアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所を訪れ、過去の歴史を反省して犠牲者を讃えた。 特にメルケル首相は「犯罪の記憶は終わっていない。私たちの責任である。これは我が国と分離することができない」とし「責任を認識することは、我が国のアイデンティティの一部」と力説した。

また「私たちは犠牲者と自らに借金がある」とし、反ユダヤ主義を許容してはならないと付け加えた。 続いて「私たちは人間の自由、人格、民主主義、法治主義が非常に大事であると知りながらも、政治的過程や国家的活動、日常生活で侵害されることがあることを知っている」と述べた。

引用元:https://bit.ly/2LAdd12

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  日本はドイツから学べ。これが真の謝罪である。

■  1800年代後半にドイツ帝国がナミビアのエレーロ族をジェノサイドしたことに何故謝罪しないんだ??

■  ドイツは日本とは次元が違うね。

■  安倍は見習え。

■  韓国もベトナムに謝罪していない。

スポンサーリンク



■  日本のチョッパリとは次元の異なる国民性だ。

■  安倍よ…見てますか?日王は見てますか?お前たちが今すぐすべきことは放射能オリンピックではなく、謝罪と反省である。

■  ドイツは過去、殺戮の反人倫的戦犯国だったが、反省と意志改革がすごい国であることは間違いない。日本とは非常に対照的である〜。

■  韓国はドイツに学べ。ベトナムに謝罪しろ。

■  考えてみると力の論理だ。アメリカを牛耳っているユダヤ人たちがいなかったら、ドイツが果たしてあのように謝罪していただろうか。

■  ドイツはこのように責任を果たすが、日本は何をしてるんだ…。ハァ…

■  見ているか?安倍よ。

■  ドイツは再び復興するが、日本は消える。

■  やはりドイツ!!!

■  これが公教育の正しい力である…歴史を歪曲して教えるのではなく、学生に歴史への反省を教えることが重要だ。

■  日本は第二次世界大戦時にドイツと共にいたが、反省する態度は何故ドイツと正反対なんだ?

翻訳元:https://bit.ly/2LAdd12