海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

インド「韓国映画パラサイトはインド映画の盗作だ!訴訟を準備中!」韓国人「インドは盗作共和国だ」の声

ブログランキングに参加中です。毎日の応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

記事内容:

インドでポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』が現地の映画を盗作したという主張が提起された。

17日、インディアトゥデイ、TNN通信など現地のメディアはインドの映画製作者、PLテナパン氏がポン・ジュノ監督の『パラサイト』をめぐって自身の映画を盗作したとして訴訟を準備中という便りを伝えた。

報道によると、1999年『MinsaraKanna』(監督K.S.ラビクマル)を製作したテナパン氏はこの映画と『パラサイト』が構成的な側面で似ているとし「アカデミー授賞式後『パラサイト』を見たが、わが映画の内容と似ていた」と主張した。引き続き「現在、チェンナイにいる弁護士と協議を終え、国際弁護士を選任して2~3日内に告訴をするかどうかを決めるだろう」と伝えた。

だが、テナパン氏は具体的に『パラサイト』のどの部分が『MinsaraKanna』を盗作したのかは明らかにしなかった。彼は「法廷にすべてを調べさせよう」として「法廷で判断されるだろう」と話した。同時に、「韓国の映画製作者がタミル語を駆使する映画製作者に訴訟を起こした事例がある」と付け加えた。

1999年公開された『MinsaraKanna』はインド南部の言語であるタミル語で製作されたロマンチックコメディ映画だ。K.S.ラビクマルが監督を引き受けた。映画製作会社はKRGムービーインターナショナルであり、公式製作者はK.R.カンガダランだ。

TNN通信は『パラサイト』が10日、第92回アカデミー授賞式で作品賞など4冠を獲得すると、SNSで『パラサイト』と『MinsaraKanna』のストーリーラインが似ているという文章が掲載されたと明らかにした。

これに対してラビクマル監督は「まだ『パラサイト』を観ていない」とし「訴訟はプロデューサーが決めること」と話した。彼は『MinsaraKanna』が『パラサイト』にインスピレーションになったといってもそのストーリーがオスカー賞を受けてうれしいと伝えた。

『MinsaraKanna』は愛を勝ち取るために身分を隠して恋人の家で警護員として働く男性の話を描いた。男性の弟と妹もその家でそれぞれ召使いと料理人として働きながら共に生活する。男性は百万長者の息子であり、その恋人は裕福な事業家の妹で過保護を受けているという設定だ。

引用元:https://bit.ly/3bMJ7D9

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


韓国人の反応

■  盗作国、韓国。

■  牛肉を食べないから脳が栄養不足であるようだ。

■  家族全員が金持ちになる設定は同じようだ。

■  これがインドが後進国である理由だ。

■  言い返す価値もない。

スポンサーリンク



■  どこが盗作なのですか?(笑)盗作はインド映画がよくやることじゃないか(笑)

■  これが韓国映画のレベルだ。

■  ストーリー構成面で少し似ているとしても、コンセプト自体が全く違うと思う。

■  寄生虫に寄生する寄生虫。

■  ノイズマーケティングだね。

■  このような類のストーリーは、世界各国の映画やドラマに多く登場する素材なのに、それを盗作だと言って訴訟をかけるなんて。。

■  インドと中国こそ盗作共和国ではないか?

■  内容自体が違うのにね…

■  設定だけ似ていれば全て盗作なのか?

■  (笑)映画の広報戦略だ。

■  笑って良いのか?

翻訳元:https://bit.ly/3bMJ7D9