海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

イラン政府「サムスン電子の看板を撤去した!米国の嫌がらせに加担したからだ!」の声

記事内容:

イラン外務省の報道官は、サムスン電子をはじめ韓国企業に不満を表わした。イランに協力しなかったと判断した国の企業に送る警告性メッセージと解釈される。

セイェド・アッバス・ムサビ外務省報道官は14日(現地時間)、自身のツイッターに、サムスン電子の店の看板を撤去する写真を掲載した。

報道官は「イランが困難な時、友人はイランのことを忘れない」とし「しかし、いくつかの外国企業が米国の嫌がらせ(対イラン制裁)に加担して、ここ数年間でイランを去った」と主張した。彼は「そんな外国企業は、今後市場に復帰することは非常に難しくなることを知るべきである」とし「一度市場を離れたら再入するのは、より難しくなるのは、ビジネス世界の法則」と警告した。報道官が上げた写真の撮影場所と時間は不明だが「サムスン」の表記がはっきりしている。この写真は、イランの有力日刊紙「HAMSHAHRI」が「撤去されるテヘランのサムスン電子販売店の看板」というタイトル記事に挿入されていた。

この記事で「サムスン電子の看板が「サム電子」(Sam Electronic)に変わった」とし「サム電子はサムスン電子の製品を新しいブランドに置き換えることを発表した」と報道した。サム電子を所有しているサムグループは、20年間、サムスン電子製品の現地組立・流通のアフターサービスを代行していた。

報道官がサムスン電子を特定して述べたのか、イランから撤退する外国企業を批判しようとしてサムスン電子の店を例にして挙げたのかわからない。現地メディアは、イラン政府の指示でイランに協力していない企業の看板を撤去していると伝えている状況である。

背景は2018年にさかのぼる。当時、米国が核合意(JCPOA:包括的共同行動計画)を一方的に破棄した後、対イラン制裁を戻し、韓国企業はもちろん外国企業がイラン市場から相当数、撤退した。

報道官は、先月22日にも自身のTwitterで「大韓民国の国防部がペルシャ湾の歴史的な名称さえ知らずに派兵をしている」として韓国を非難した。国防部が「ホルムズ海峡派兵」の立場を明らかにし、派遣地域を「アラビア湾」と呼んだことに抗議したものである。

米国が主導するホルムズ護衛連合に韓国は直接参加しなかったが、結果的に、米国の要求を受け入れたという不満を表出したという分析だ。この海域は、国際的にペルシャ湾で通用しますが、イランに敵対的なサウジアラビアなどはアラビア湾と呼んでいる。

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

引用元:https://bit.ly/31Yi7fx

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  アメリカに頬を打たれたからって、一介の企業に八つ当たりするのはないわ…イラン国民はこれが正しいと考えているのか?日本やイランも本当に不合理ね。

■  対イラン外交政策があまりにも杜撰である。

■  (笑)米国とイランのいずれかを選ぶなら、無条件に米国ではないか?

■  国際いじめだ。

■  これはすべて米国のせいである。

スポンサーリンク



■  大韓民国がイランと米国のいずれかの側に立たなければならないなら、当然米国だ。小学生でも判断できる。

■  ムン・ジェインの外交無能が経済報復として返ってきてるんだ。

■  アマチュア政権のせいで外交で友達を一人失ったね。

■  ムン災害だな。

■  パク・クネ前大統領の時にイランと積み上げた外交関係がムン・ジェインが全て台無しにした。

■  ムン災害の外交力は凄惨である。

■  ムン・ジェインはまた傍観してたのか?

■  現政府が韓国を代表する企業、サムスンまで殺すな。

■  サムスンに何の罪が?

■  サムスンが袋叩きだね。

■  韓国に何の罪が?

翻訳元:https://bit.ly/31Yi7fx