海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「日韓協定は親日の米国外交官が主導してた!米国は友好国ではない!」の声!

記事内容:

[アンカー]

韓日議員連盟総会で、日本側はまた強制動員の判決を批判し、韓国側の対応を求めました。日本はずっと「1965年の韓日協定ですべての問題が解決された」という立場を強調しています。ところが当時この協定を主導した米国の外交官が日本に友好的であり、また韓国人を卑下したりしたという主張が米国内で出てきました。

パク・ヒョンジュ記者です。

[記者]

米国内の著名な北東アジア歴史専門家であるアレクシス・ドドゥン米コネチカット大教授はJTBCとのインタビューで、1965年に韓日間で結んだ協定は、米国の介入で締結されたと述べました。

教授は昨年9月、ニューヨーク・タイムズでこのような内容の寄稿文を載せました。

教授「韓国と日本の専門的知識もなく、気にもしなかった米政府当局者が(1965年協定締結)当時、韓日関係を決める重要な地位にいました。」

特に日本の有力政治家と深い関係を維持していた「ウィリアム・シーボルト」という米国の外交官を例にあげました。

シーボルトは韓日協定の直前に発行した回顧録で「韓国人は日本人と違って暴力性向がある」とし「時代遅れなほど抑圧されており、不幸で貧困で沈黙し、不機嫌で悲しい人々の国だ」という偏った主張をしたというのです。

その一方で、日本の強制動員などについては一言もありませんでした。

引用元:https://bit.ly/2JReKPE

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  ウィリアム・シーボルト?親日派のワパニーズ(笑)本当に笑いしか出ないわ。

■  これでも米国は韓国の同盟なのか?

■  65年の協定も慰安婦強制合意も米国の影響力によるものだね。私たちは日米を中心としたアジア戦略の下位に入ってるのが確実である。私たちはただ日米の戦略に振り回される従属変数でしかない。彼らの利益のために私たちの国益は侵害されている。

■  扇動しないでください。

■  反米開始か?

スポンサーリンク



■  韓日協定は、日本が過去の歴史を反省するよう再締結しなければならない。

■  日本の致命的なミスは、単純にお金を与えるのではなく、技術を渡したことだ。その当時、日本に被害賠償を受けた国の中にフィリピンもいたが、フィリピンはお金だけ受けて終割った。ところが、韓国はお金に加えて技術まで受けた。その当時、サムスンは砂糖と小麦粉を作っていた会社だったが、三洋電機と合弁して電子事業に参入した。LG電子も日本の松下の技術を受けて、電子事業に参入した。それは現在までもたらされている。ふふふ。日本の奴らは愚かなことをしたものである。

■  ウィリアム・シーボルト。。。こいつは韓国が永遠に記憶すべき米国の外交官である。

■  やはり米国が問題だった。今も問題。ふふふ。

■  米国は過去から現在まで友好国ではない。アジアでの影響力を維持するために、韓国と日本を利用している。

■  いやだから何?ふふふ。また国家間の約束は守らないのか?

■  だから反米しようと言うのか?

■  米国はいつも自国に役立つことを最優先としている。

■  永遠の友好国は存在しない。

■  反米扇動オン。

翻訳元:https://bit.ly/2JReKPE