海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

【新型肺炎】韓国「中国各地で武漢出身者が排斥対象に!バトルロイヤル開始だ」の声

記事内容:

武漢肺炎(新型コロナウイルス感染症)が、中国全土はもちろん、全世界に広がっている中、発症源である武漢の人々が中国全土から追い出されている。一部の地域では、軍人ではなく民間人が銃を持って武漢人の出入りを防ぐ寸劇まで広がっている。

28日、中国ウェイボ(微博:中国版ツイッター)やウェイシン(微信:中国版カカオトーク)など、中国のソーシャルメディアに流布されている動画に、陝西省のホテルでスタッフが湖北人の宿泊を拒否しようとしたが、湖北人が抗議する姿が収められていた。この湖北人は「中国人民の安全のために、私たち湖北省が閉鎖されたが、どうやったら私を追い出すことができるんだ」と悔しさを吐露した。

広東省珠海では「鄂(湖北省を識別する漢字)」が入ったナンバープレートを付けている車両の通行が拒否されている様子が撮られていた。映像では、この運転手は車から降りて、あらゆる事情を訴えたが、結局、彼は広東省に入れなかった。

湖北省に隣接した村では、重機を動員して土で湖北省に通じるトンネルを完全に塞いでしまう非情な姿が目撃された。一部の村では村の入り口に検問所を設置して、小銃などを持った村の人々が検問を介して、湖北人の村への進入を防ぐ姿まで演出された。

北京で働く武漢出身者は「体が痛くて病院に行ったが、武漢人は武漢に戻って治療を受けるようにと言われて診療を拒否された」と伝えた。

湖北省に隣接している安徽省では湖北人が強制的に車に乗せられて湖北省に戻る姿が目撃された。この湖北人は「私は何の症状もない」と叫んでいたが、警察などは強制的にこの人を車に乗せた。山東省では友人の家を訪問した湖北人が地元警察と防疫要員によって無理やり連れて行かれる姿も演出された。

中国と隣接するマカオでは、湖北省から来た中国本土の人たちにマカオから離れるよう命令した。これは武漢肺炎の症状がない人も該当することであり、マカオを離れない湖北省の人々は、政府が指定した隔離施設に留まらなければならない。現在、マカオに留まっている武漢出身者は1390人で、武漢を含む湖北省出身者は2132人である。

マカオ政府は隔離施設への収容を拒否する湖北人は、強制的に収容させる予定だ。隔離施設は、警察が守りながら出入りを制御し、収容された人の中で、武漢肺炎の症状が表れたら、すぐに医療施設に移送する方針だ。

これらの行動に対する批判の声も出ている。中国のネットユーザーは「疫病が広がり、中国人の無情な面が表れている」と嘆き、他のネチズンは「伝染病は怖いのですが、人間の本性の方がもっと恐ろしい」と批判した。

引用元:https://bit.ly/2S9cMgX

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  中国内でバトルロイヤル開始。

■  やはり他の国とは格が違うね。

■  これがチャンケの本性である。

■  中国が中国してるね〜

■  武漢肺炎で中国の分裂が始まる。

スポンサーリンク



■  共産主義者の本性です。

■  あれが中国である。

■  韓国の未来だな。

■  中国人の入国を禁止させろ。

■  韓国ではムン・ジェインがすべて受け入れてくれる。

■  中国は現在、寿命が尽きた。全世界が心を合わせて分割しなければならない。

■  だからと言って銃を向けるなんて…驚くべきことだ。

■  共産国家はすごいな。

■  やはり彼らだけの大国、中国(笑)

■  チャンケがチャンケして何か問題でも?

翻訳元:https://bit.ly/2S9cMgX