海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

文大統領「不動産投機との戦争に負けない!」←すでにKO負け!謝罪しろ!の声

記事内容:

ムン・ジェイン大統領が「不動産投機との戦争で負けない」と述べた。ムン大統領は、大統領府本館で新年の辞で「不動産市場の安定、実際の需要者の保護、投機抑制のために政府の意志はしっかりしている」と述べて強調した。

ムン大統領が「不動産投機との戦争」という強い表現まで使ったのは今回が初めてだ。

このような言及は、市場の状況に応じて、政府が再び他の行動を用意していることを示唆したものと思われる。ムン大統領は昨年11月に「国民との対話」で、「不動産問題と関連して、韓国政府は自らと約束したい」と述べている。それから約1カ月後、高強度の不動産安定対策「12・16不動産対策」が発表された。

ムン大統領は、今年の国政のキーワードで「確実な変化」を打ち出した。ムン大統領は「国民の皆様が「包容」「革新」「公正」で確実な変化を体感することができるようにする」と述べた。また、ムン大統領は2018年9月の平壌共同宣言以来、初めて金正恩北朝鮮国務委員長の答礼訪問を改めて取り上げた。ムン大統領は「また会い、絶えず対話をする用意がある」とし「開城工業団地と金剛山観光再開のための努力も続けていくだろう」と述べた。

続いて「キム・ジョンウン委員長の答礼訪問のための条件が一日も早く揃えられるように南北が一緒に頑張ってほしい」と語った。これは米朝対話がデッドロック状態に陥った状況で、南北間の直接対話にもっと積極的に乗り出す意志を示したものである。ムン大統領は「米朝対話の成功のために努力するとともに、南北協力をさらに増進させていく現実的な方策を模索する必要性がより一層切実になった」と述べた。現実的な方策の例として、非武装地帯のユネスコ世界遺産の共同登録を提案した。

引用元:https://bit.ly/2T0bQgJ

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  私は大韓民国の国民としての共産主義との戦いでは絶対負けない。

■  あんな奴が大統領なのか…情けない奴…

■  大統領は不動産政策のミスについて謝罪からしろ!

■  北朝鮮や日本との戦争はしなくて、自国民を相手に戦争(笑)

■  もうやめてください。

スポンサーリンク



■  左派の目的はアジアのチリ、ペルーを作成して社会主義を完成させることなのだろうか?

■  勝ったことはあるのか?日本に行ってひざまずいたのに。

■  ただ情けないです…。

■  すでにKO負け。

■  いつ勝つんだ?

■  ここまで来れば完全に狂ってないか?

■  悪口を言うのも惜しい。

■  本当の現実認識が不足している〜〜〜情けなくて嘆かわしい。

■  うんざり。

■  共産党との戦いは?

■  何もしないでください…

■  すでに負けだな(笑)

翻訳元:https://bit.ly/2T0bQgJ