海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「請求権協定を破ったら韓国と付き合えない!と安倍首相が主張!断交しよう」の声

記事内容:

記事タイトル:日本の安倍「韓国は請求権協定を守れ…約束を破ったら付き合えない」

韓国人強制徴用被害者に賠償する責任がある日本企業の韓国内資産が近いうちに現金化される可能性と関連して、日本の安倍晋三首相が「請求権協定に明確に違反する行為」と主張した。

安倍首相は12日午前に放送された NHKの番組「日曜討論」で「そのような行為をしない約束の中で日韓関係を築いてきた。日韓関係の基礎である基本条約と請求権協定を確実に優先して守るよう強く求めたい」と述べた。

安倍首相はまた、「請求権協定が守られない場合は、国家間の約束が守られていない状況を確実に変えるようにする必要がある」とし「国と国で交際するに当たり、約束が守られなければ、付き合うことはできませんので、そのようなきっかけを確かに作ってもらうよう強く要求したいですし、先に(日韓)首脳会談でもそれを申し上げた」と付け加えた。

強制徴用問題は朴政権時代の1965年に締結した韓日請求権協定に基づいて完全に解決されており、「日本企業が韓国人徴用被害者に賠償する責任がない」という日本の従来の立場を固守しているわけだ。

彼はまた「さらに対話しなければならないと考えており、関係を何とか改善したいと考えている」と韓日関係の方針を述べた。

日朝関係と関連して「拉致・核・ミサイルなど、さまざまな問題を包括的に解決して、不幸な過去の問題を清算して日朝関係を正常化するという平壌宣言(2002年9月)に伴う方針に変化はない」と述べた。また北朝鮮による日本人拉致問題を解決するために「日本独自に対応しなければならない」とし「多くの問題を解決するために、無条件に、キム・ジョンウン委員長と会談する決意だ」と強調した。

一方、安倍首相はこの日の番組で、来年9月末までの自分の任期中に憲法改正を実現したいという意志も重ねた。彼は「自分の手で改憲を成し遂げたいという思いに全くブレがない」と述べた。安倍首相は、日本が敗戦した太平洋戦争が終わって制定された現行憲法に自衛隊の根拠条項を明記するなど、憲法を変えなければならないと主張している。

引用元:https://bit.ly/383rnR1

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


韓国人の反応

■  安倍は棒で教えなければならない。

■  安倍よ、それは死んだ朴正煕に話をしろ。

■  GSOMIAから破棄してください。安倍さん〜

■  ドイツからちょっとは学べ。安倍よ!

■  土着倭寇たちを追い出そう。

スポンサーリンク



■  左派=反米反日=現実を無視して感情的にのみ動く愚民たち。

■  日本の立場を理解します。政権が変わったら、国と国との間の約束を手のひらを返すように違反したら…誰がその国と交際をしますか。

■  チョッパリどもと断交しましょう!

■  個人請求権は生きていると日本の弁護士はもちろんのこと日本の長官が国会で認めている。何が約束違反なんだ。恥知らずの安倍は国際法を守れ。

■  「請求権協定」ではなく「独立祝賀金」として受け取ったのに..

■  勝手にしろ。

■  ムン・ジェインは卑劣で安倍は愚かである。

■  左派は反日扇動に熱心だ。

■  はい、互いに無関心でお互いを無視して生きよう。

■  こいつは三権分立が何であるのかを知らないな。

■  ただ日本と断交しろ。

■  GSOMIAを終了しろ!

■  国家間の約束だから守れ、ムン災害よ。

翻訳元:https://bit.ly/383rnR1