海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「米教授が米中衝突で第二次朝鮮戦争の可能性を指摘!文在寅のせいで心配だ」の声

ブログランキングに参加中です。毎日の応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

記事の主な内容:

「米中武力衝突の可能性も…「第2の朝鮮戦争」になるかもしれない」

世界的なベストセラーとなった著書「予定された戦争(Destined for War)」で概念化された「トゥキディデスの落とし穴(Thucydides Trap)」が主張の根拠だ。「トゥキディデスの落とし穴」は、古代ギリシャの歴史家、トゥキディデスがアテネとスパルタとの間のペロポネソス戦争の勃発の原因を分析した概念である。覇権勢力と新たに浮上する勢力間の深刻な構造的葛藤を意味する。

「朝鮮戦争で130万人の命を失った。ほとんどが中共または米軍によるものであった。朝鮮半島で再び戦争が勃発すれば、それよりはるかに致命的な結果につながるだろう。 」

グラハム・アリソンハーバード大学客員教授にメールを送り「米中の対立が武力衝突につながる可能性があると見ているのか」尋ねた。「ほとんどの人が考えているよりも可能性がはるかに大きい」との回答が返ってきた。それとともに、米中の武力衝突は朝鮮戦争以上に韓国に大きな傷を残し得ると心配した。アリソン教授は本を執筆する上で、過去500年間の新興国の台頭が既存の覇権国と強く衝突した事例16を選定した。

アリソン教授は米中関係を「トゥキディデスの落とし穴」が適用される17番目の事例とみなしている。

アリソン教授は、米国を代表する安保・国防分野の権威である。特に核拡散とテロリズム、政策立案の最高の専門家として選ばれている。1977〜89年までハーバード・ケネディスクール学長を務め、数多くの学者や政界の人物を輩出する世界最高の政治行政大学院で人々を育てた。レーガン政権とクリントン政権ではそれぞれ国防長官と国防省次官補を務めた。

引用元:https://bit.ly/2KH4zPr

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


韓国人の反応

■  私も今不安である。歴史的にも常にこのような状況で戦争が起こっていた。ところでよりによって大統領がムン・ジェインであり、女性であり通訳であったという理由だけで、外交部長官が選ばれたので不安だ。

→ムン災害は英語が上手なら外交も上手にできると考えているようだ。

■  ムン・ジェインは米中戦争後、同盟である米国を捨てて中国側につく野郎である。

■  ムン・ジェインを選んだ人間は本当に迷惑だ。

■  これだから大統領の娘が海外に移民したのでは〜

注:昨年末に大統領の娘夫婦が東南アジアに移住したことが明らかになり、警護にかかる費用とその理由について非難されています。

スポンサーリンク



■  ムン・ジェインのせいで心配である。

■  第2次朝鮮戦争ではなく…米中戦争、第3次世界大戦と広がって行くのだ。

■  事実上、第3次世界大戦が起きればアジアは焦土化される。

■  韓国も核を保有しなければならない。

■  日本が米国にオールインしている形勢だ!

■  心配する必要はない。米中戦争後の世界は共倒れするから。

■  韓国が戦場として利用されず、漁夫の利で利益だけ得られたらいいのに…。

■  平和を叫んで譲歩を主張した時、戦争が起きていた。

■  ハァ。よりによってこんな時期に大統領がムン・ジェインって…。与党が民主党って。ハァ。

翻訳元:https://bit.ly/2KH4zPr

『韓国「米教授が米中衝突で第二次朝鮮戦争の可能性を指摘!文在寅のせいで心配だ」の声』へのコメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2019/06/28(金) 12:48:39 ID:6f1d2eee8 返信

    第2次ってまだ1次が終わってないやんけ

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/06/28(金) 14:26:24 ID:035f5bab2 返信

    おまエラが選んだんだから自業自得因果応報だし一刻もはやく日韓国交断絶して未来永劫関わらないを徹底してくれ。

  3. 名前:普通の日本人 投稿日:2019/06/28(金) 17:26:27 ID:50c0a66ba 返信

    統一で明るい未来を妄想していたようだが、都合の良い話にはならない。
    どこかの属国になるのが無難。