海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「半導体最悪でサムスンの王座をインテルに返却するかも!文在寅のせいだ!」の声

記事の主な内容:

・サムスン電子が最大の競合他社である米国のインテルに「グローバル半導体王座」を返却する可能性があることが分かった。

・特にメモリ半導体価格の下落が今年もしばらく続くと予想されている。

・業界によると、昨年第4四半期、サムスン電子の半導体事業の売上高は20兆ウォンを下回ったと推定される。過去2017年第4四半期から続いていた20兆ウォン台の売上高が中断されることになる。

・特に、昨年第3四半期に記録した24兆7千700億ウォンと比較すると、急激な下げ幅で、今年も四半期の売上高20兆ウォン台を回復するのは容易ではないというのが見通しである。

これに比べて、インテルは、昨年10月末に発表した業績ガイダンスで、昨年第4四半期の売上高見通しを190億ドルで提示した。約21兆3千600億ウォンに達する額で、サムスン電子より良い成績だ。

引用元:https://bit.ly/2CZgS4F

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  一日も早く弾劾することが答えである。

■  中国は国レベルで企業支援をしているが、韓国は国レベルで企業バッシングしてるね。ぴったりの四字熟語は内憂外患だ。

■  政府が企業を殺す国でうまく行くか?

■  ここまで来ればムン災害弾劾?

注:ムン災害(ムン・ジェアン)とは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の蔑称です。ジェイン(在寅)とジェアン(災害)の発音が似ていることから、ムン災害と呼称されるようになりました。

■  ムンさんを追い出そう。

スポンサーリンク



■  サムスンの価値が高い時に中国に売却して、その天文学的なお金で統一準備すれば、国民の税負担を軽減することができはずだ。

■  サムスン会長>>>>>大統領

■  ムン・ジェインがやり遂げたようだ。

■  何の意味もない。

■  中国の半導体核心人物はみな韓国人たち…。過去にサムスンと SKの人材がことごとく捨てられましたね。

■  これはすべてムンジェインのせいである。

■  災いに終わりがないね。

■  一日も早く弾劾することが答えである。

■  大韓民国のような小さな国で、かつて半導体で世界1位になった事実があるだけで誇らしい。

翻訳元:https://bit.ly/2CZgS4F

『韓国「半導体最悪でサムスンの王座をインテルに返却するかも!文在寅のせいだ!」の声』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/03/09(土) 11:33:59 ID:a05385399 返信

    なんだそのグローバル半導体王座ってのは(苦笑

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/03/09(土) 11:35:38 ID:1689546da 返信

    インテルとサムスンでは販売する種類が違うだろ。
    サムスンは組み立て装置さえあれば日本から盗んだ技術で簡単に製作できるけど
    インテルはCPU等他国ではマネできない高度な技術が必要な製品だから。

  3. 名前:匿名 投稿日:2019/03/09(土) 13:59:33 ID:c1c04e0d1 返信

    半導体って言ってもただのメモリー屋でしかない。
    要は安いから売れてるだけで、あのブランドだから買うような人間など居ないよ。

  4. 名前:匿名 投稿日:2019/03/09(土) 15:07:06 ID:0d7d6612e 返信

    アメリカは高い人件費でどうやって利益出してるのかね?日本はダメなのに。

  5. 名前:麻生さんの地元 投稿日:2019/03/09(土) 18:45:24 ID:a3e624cf1 返信

    もう飽きた。

  6. 名前:匿名 投稿日:2019/03/09(土) 21:50:11 ID:e48d5ee5e 返信

    世界的にメモリーの需要が落ち込んでるからね、韓国の会社はメモリー
    専門だから、ソレに換えてCPUチップとか高度なものを作ってる会社は
    落ち込んでもそれなりに需要有るから順位の入れ替えは当然政治家のエライ
    人を引き合いに出して非難も違ってはいないけど筋違い。選んじまった
    そんな大統領さんと心中しなね、って。

  7. 名前:匿名 投稿日:2019/03/09(土) 22:32:26 ID:58f875d99 返信

    >>4
    付加価値の高いCPUと誰でも作れるメモリの違い。
    CPUの大半の特許をインテルが持っている。
    かっては、NECがインテルCPUを凌駕する高性能CPUを出したが販売戦略で負けて撤退した過去がある。