海外の反応 | 翻訳部へようこそ!よろしければブックマークをお願いします!

スポンサーリンク

韓国「観光公害に悩まされている日本が羨ましい!」幸せな悩みに陥った日本が羨ましい!の声

韓国メディアは、昨年2869万人の外国人観光客が訪れた日本は、観光公害に悩まされていると報じました。

記事の主な内容:

・京都市は外国人観光客向けにマナー啓発ポスターを出している。

→タクシーのドアを自分で開ける。
→畳に土足で上がる
→ゴミのポイ捨て
→飲食店にドリンクや食べ物を持ち込む
→レストランのドタキャン
→列に並ばない

・休日の銀座は、歩行者天国に変わるが、そこの半分以上は外国人観光客である。旗を持ってバスを降りる西洋人団体観光客もたくさんいる。押し寄せる観光客のせいで「世界で最もクリーンな繁華街である銀座の評判にもひびが入っている。

・2017年の訪日外国人観光客の数は、2869万人だ。2011年の622万人からなんと5倍近く激増した。2012年末に再執権した安倍晋三首相が、観光振興をアベノミクスの看板事業に掲げたことによる成果だ。東京オリンピックが開催される2020年の外国人観光客の誘致目標は4000万人である。

・人口17万、一年の観光客数2000万(日本国内含む)の東京近郊の鎌倉市の市民にとって、ビーチに沿いで運行する江ノ電に乗るのは、至難のわざだ。週末になんと1時間以上待たなければならない時が多い。そのため、鎌倉市は、観光客よりも地域住民を電車に優先乗車させる実験までした。

・外国人が運転するレンタカーの事故が増加し、沖縄では警察が「韓国語と中国語を使う人には車を貸してはいけない」とレンタカー会社に要請し、物議をかもした。

・鹿が多い奈良の東大寺の前で、一緒に写真を撮ろうと、鹿を苦しめる外国人観光客も増えている。ユネスコ世界文化遺産である富士山周辺では、トイレにゴミを捨てる観光客もいる。

・幼い頃から「他人に迷惑をかけてはいけない」という教えを心身に体得してきた日本人たちにとって、観光公害の衝撃はより大きく感じられるという分析もある。

・観光公害で、深刻なのは日常生活の不便だけでなく、観光地としての価値まで脅かされる事例である。

・京都の清水寺や金閣寺、銀閣寺などの有名寺院や、鎌倉の静かで日本らしい気分はすでに消え去って久しい。夜明けの早い時間でなければ、観光客の渦に流され、静かに鑑賞することさえ不可能である。

・関西の一部地域では、土地のバブル現象が起きており、これまで、都市の観光中枢として機能してきた商店街とコミュニティーが崩壊する空洞化の危機まで迎えている。

・その結果、観光地として日本の価値が下落し、これまで日本文化に惹かれて訪問していた忠誠心の高い外国人に「もう日本に価値を見い出せない」と思わせると懸念する専門家も多い。

・今年の6月中旬に「民泊解禁」政策が実施されると「安い民泊に外国人が集まり、地域住民との葛藤が起き、それによる社会的コストが発生するだろう」という懸念も出ている。

引用元;http://ur0.biz/K0Sq

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  それでも韓国より10倍、中国より100倍清潔だ。

■  中国人観光客だけ防げば、解決済みだ。

■  私たちはただ羨ましいだけだ。韓半島には固有の文化は無く、観光通りも無い。ああ、一つある!キムチ!(笑)ふふふ。

■  日本が世界最高!

■  それでも羨ましい。韓国の祖先は、金閣寺のようなものは作らなかった。何をしてたんだ。本当に。

スポンサーリンク



→日本は200年前から着々と西欧化されて発展して、歴史深いアンティークなところが多いが、韓国は何十年もの間、乱開発のために美的な側面は全くなく、観光に値するところは、ソウルの都心の一部を除けば無い。

■  国民がますます親日になってきている。

■  日本がどのように解決するか気になる。

■  日本人が最も嫌悪する外国人は韓国人だ。それでも日本に行くのが韓国人。

■  幸せな心配だね。観光客が多く来る悩みとは。観光客が来なくて悩んでいる国がたくさんあるのに。

■  フィリピンのボラカイ島も、韓国人と中国人が集まった後、ゴミ箱となって閉鎖になった…。

■  それでも羨ましい。

■  それだけ金儲けできてるのではないか。何が問題なの?

■  日本の観光地の落書きを見るとほとんどが韓国語(笑)

■  幸せな悩みに陥った日本。うらやましいなぁ。

翻訳元:http://ur0.biz/K0Sq

『韓国「観光公害に悩まされている日本が羨ましい!」幸せな悩みに陥った日本が羨ましい!の声』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/12/20(木) 11:09:23 ID:2f9050fc8 返信

    日本の観光地の落書きを見るとほとんどが韓国語(笑)
    来るな日本に

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/12/20(木) 18:44:01 ID:7eefc8a2f 返信

    世界が韓流二ダ!って喚いてる割に二ダ国に行くような外国人少ないよね?
    オマエラ色々バレてんじゃね?

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/12/20(木) 22:51:09 ID:3b9d47702 返信

    「公害」がなんか言ってるわw

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/12/21(金) 04:52:58 ID:41bb4e147 返信

    まあこの手の迷惑は中国が圧勝かな。
    京都の土地買い占めて観光客めあてにホテル建てまくる中国資本。
    京都の古い町並みの通りを丸ごと買って、自分の名を通りに付けるとツイッターした中国人富豪。
    京都市は条例作って反撃しろよ。

  5. 名前:SDS 投稿日:2018/12/21(金) 06:20:55 ID:e010cef9a 返信

    カンコウでの公害よりカンコクからの公害の方が深刻。

  6. 名前:特命 投稿日:2018/12/23(日) 04:02:40 ID:0e9bb5ade 返信

    カネに替えられないものがあることも分からんらしい。

  7. 名前:匿名 投稿日:2018/12/23(日) 14:36:34 ID:709c09a71 返信

    いや、だからおまエラも汚してる側だってことを知れよ

  8. 名前:観光産業と国民の利益を共存させよう 投稿日:2019/01/06(日) 04:39:23 ID:e82e6cac1 返信

    日本への観光客が増えているのは、独り観光業者の成果ではない。
    それは日本の国民が代々作り上げ、守ってきた賜物である。
    勿論、観光業というものを創り・守ってきた観光業界の貢献も多いことはたしかだが、それを支えてきたのは日本国民である。
    ことに、日本のこの平和的な秩序を守り、育ててきたのは国民全体が作り上げてきた”社会全体”の成果であり、日本の観光はその”成果”の基に成立している。
    しかし、今、”観光公害”が実際に発生しつつあることを考えれば、特に”外国からの観光客”を対象にして観光業を拡大するというなら、独り観光業界のみが補助を受けてその成果をオノレのものとするのは不公平としかいえないだろう。
    国が税金を投入するなら、日本の観光資源や文化・社会を育て守ってきた大多数の国民にこそ”還元”されなければならない。
    ましてや、外国人観光客の増大による”観光公害”が厳然として発生しているいま、政府の税金を投入するなら、その観光資源による利益は国民全体に還元すべきものであり、ひとり観光業界のみが税金からの投資を享受すべきものではない。
    ましてや、日本国民の人口の1/4にもなろうとする観光客の滞在は、日本国民の社会生活にも支障をきたすレベルになってきている。
    それを考えれば、ひとり観光業界のみがその利益に裨益するのは不当であり、国民の負担によって支援されて獲得したその利益は、国民にも還元されてしかるべきである。
    各々の関係者は、良くそれを考慮して経費負担・利益還元の公平性を期さなければならない。
    観光産業が栄えるのは、日本の利益になるのは確かだが、一つの産業に偏った利益供与をし、国民には負担だけを負わせるというような片務的な主張をするなら、それは公平な国家運営とは言い難い。
    観光業界や国会議員、地方議員、また関係官公庁は、最終的にそういう観光資源や日本社会を作り上げてきた”国民”の成果の賜物として、その利益をひとり観光業界や自治体のみに分配するのではなく、国民に還元するべきものとして政策を立てるべきだろう。
    そうでなければ、それは”観光公害”であり”特定の偏った業界への利益供与”でしかない。
    われわれ国民は、そのことを良く考えて政府や業界を”監視”しなければならないだろう。
    この”観光産業”については、余程国民全体の利益と負担の配分・分配を考えて、特定の産業のみが”国民の負担”によって利益を享受するという構造にならないように(こういう言葉を使うのは嫌だが)”監視”して、公平な利益還元ができるようにしていかなければならないと思う。
    もちろん、せっかくの観光資源を”生殺し”にするような極端な排斥思考に陥らせないことも大事なことではあるので、あまりエキセントリックな議論への誘導は避けるべきだろうと思う。