スポンサーリンク

文大統領「G20歴訪の旅で韓半島の平和を訴えてきたよ!」北朝鮮のスポークスマンだの声

記事の主な内容:

・ニュージーランドの国賓訪問を最後に帰国の途に就いたムン・ジェイン大統領は4日、ソウル空港に到着した。

・ムン大統領は主要20カ国(G20)首脳会議に出席するために5泊8日間のチェコ、アルゼンチン、ニュージーランドの3カ国の訪問日程をすべて終えた。

・今回の歴訪は、移動距離が合計4万6000kmに及ぶ「地球一周」を回る旅だった。ムン大統領はチェコ、米国、アルゼンチン、オランダ、ニュージーランドと韓半島の平和プロセスなど様々な懸案などを議論した。

・ムン大統領は先月27日、プラハに到着しチェコ首相との会談で二国間の関係の発展方案と韓半島情勢などについて議論した。

・29日は、G20首脳会が開催されるアルゼンチンのブエノスアイレスに到着し、韓半島の非核化と平和定着のための韓国政府の努力を説明し、国際社会の支持を引き出した。

・30日には、今回の歴訪のハイライトであるドナルド・トランプ、米国大統領との韓米首脳会談を行った。ムン大統領は特に、キム・ジョンウン国務委員長の年内ソウル訪問の推進のために、米国から理解を得た。

・また、ブエノスアイレス訪問期間中にG20議長国であるアルゼンチンとの首脳会談も行った。また、今回の訪問を契機とした、オランダ、南アフリカ首脳とも相次いで会談を行った。

・ブエノスアイレスでの日程をすべて終えたムン大統領は2日から2泊3日の日程で、ニュージーランドを国賓訪問した。

引用元:https://bit.ly/2rlqpMI

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  この人はまだ大統領なのか?

■  機内で北朝鮮問題だけ質問するようにと言った共産主義者。

注:G20歴訪の機内の中で、ムン大統領は記者との懇談会を開きましたが、国内問題の質問を禁じ外交の質問だけを受け付けたため、批判の声が上がっていました。

■  北朝鮮のスポークスマン。

■  この人の名前を聞くだけでもストレスだ。

■  海外にいるから国内問題の返答ができなかったのか?(笑)帰国したんだから、もう答えなくちゃいけないね?

スポンサーリンク



■  むしろ何もしないでください…。

■  北へ行こう。韓国にはどうして来たの?(笑)

■  外交の質問以外は受け付けないで〜す。国内問題はわからな〜い。

■  5泊8日の海外旅行!国内の質問は受け付けないムン・ジェイン。

■  経済0点。弾劾が正解だ。政権交代。

■  世界一周パッケージ旅行が羨ましい…。ふふふ。

■  他国の首脳はすべて自国の利益のために熱心だ。ムン大統領は大韓民国の利益のために何かしたのでしょうか?

■  帰国しない方が国民のためになるのに。

■  建国以来、最悪の不況。

■  8日間で会った外国首脳の数、4人。ふふふ。

■  帰国は北朝鮮ではないのか?ここは韓国なのに、

翻訳元:https://bit.ly/2rlqpMI

『文大統領「G20歴訪の旅で韓半島の平和を訴えてきたよ!」北朝鮮のスポークスマンだの声』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/12/06(木) 07:35:32 ID:050ad6a1c 返信

    G20って経済の話し合いの場なのに、北との和平話ししホルホルしてる韓国は、さぞかし浮いてただろうなwww
    呆れてスルーしてる各国が目に浮かぶわwww

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/12/06(木) 10:50:05 ID:761e8eb85 返信

    ムンジェイン保有国~・~・~

  3. 名前: 投稿日:2018/12/06(木) 19:45:37 ID:4f60386a4 返信

    トランプと「会談」なんてしてないだろうが
    相変わらず、みじめな民族だな