スポンサーリンク

韓国「北朝鮮と板門店(JSA)の武装解除を議論するよ!」赤化統一だの声

15日韓国メディアは、板門店の南北共同警備区域(JSA)の武装解除を南北間で本格的に議論がされる見通しだと報じました。

記事の主な内容:

・韓国政府は14日の南北軍事当局間の会談で、北朝鮮側が提案した「JSA非武装化議論」を受け入れることにした。

・1953年に締結された停戦協定の付属合意書では、JSAの警備人員が携帯することができる武器を拳銃1丁、または手動ライフルの小銃1丁に制限しているが、北朝鮮側はAK自動小銃を時々携帯していることが分かった。南北間の議論が本格化すれば、自動小銃はもちろん、拳銃武装まで解除する案も議論することも可能だ。

引用元:http://urx3.nu/KAOE

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  なぜ?また南侵するのか?

■  統一が難しい理由は、北朝鮮と韓国それぞれの共産主義と民主主義の統合が難しいため、これまで行われていなかったのだ。ところが、突然このように統一の進展が進むのは、どちらかが共産主義や民主主義を放棄したということだ。

■  左派の奴らの意のままに進行中…愚かな国民。

■  何か不安である。

■  過去のことを考える必要があります。武装解除を議論する段階ではないようです。

スポンサーリンク



■  核をまず無くす議論をしろ!

■  これはちょっと無いんじゃないか?

■  北朝鮮を信じるのは、まだ時期尚早。

■  情けないね。

■  なぜこのように急いでるんだ。

■  今、JSAの武装解除に反対する人々は、統一後の韓半島の能力を恐れている「日本」の反逆者たちと見れば良い。キム・ジョンウン政権は、もはや韓半島以北を無断占領している傀儡政権ではない。私たちは、北を板門店宣言と米朝交渉を通じて正当な国として認めた。大韓民国は憲法を修正し、国民にこれを刻印させる必要がある。もう軍隊で受けていた反共洗脳教育は必要ありません。北朝鮮は私たちのパートナーになり、最も心強い味方になるでしょう。さらに将来的には一つの国として、韓半島と韓民族の可能性を示してくれるだろう。

■  ポプラ事件を…忘れません(笑)

ポプラ事件(ポプラじけん)とは、1976年8月18日(現地時間、UTC+9)に、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある板門店で発生した事件である。ポプラのまさかり事件とも呼ばれる。

共同警備区域内に植えられていたポプラ並木の一本を剪定しようとした、韓国軍兵士と韓国人作業者と国連軍を成す1国であるアメリカ陸軍工兵隊に対して朝鮮人民軍将兵が攻撃を行い、2名のアメリカ陸軍士官を殺害[3]、数名の韓国軍兵士が負傷した。

同事件は第二次朝鮮戦争の引き金になりかねない出来事でもあった。また、この事件を契機に共同警備区域内にも軍事境界線が設定された。出典:Wikipedia「ポプラ事件」より

■  赤化統一。

■  ムン・ジェインは本当に怖い。

■  大韓民国は今どこに行っているのですか?墜落するのは明らかだ。

■  本物の平和だ。

■  後は北朝鮮の奇襲南侵と赤化統一だけが残ったね。

■  あまりにも急だ…。

翻訳元:http://urx3.nu/KAOE

『韓国「北朝鮮と板門店(JSA)の武装解除を議論するよ!」赤化統一だの声』へのコメント

  1. 名前:1 投稿日:2018/06/17(日) 18:43:44 ID:1ea1cbdbf 返信

    なんのための警備区域なんだかw最前線の武装から解除とか
    ほんと斜め上の発想してきて面白いな。

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/06/17(日) 20:06:24 ID:b3f82bdf3 返信

    思ってたより早く赤化統一しそうで草w

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/06/17(日) 20:12:33 ID:af6cc6e39 返信

    まだまだ第一歩に過ぎないぞ
    南北の通常兵器の削減(北が本当に削減するかは別問題)
    南北の兵士人数削減(同じ比率で削減しても北の方がはるかに多い)
    在韓米軍の撤退
    後は人民解放軍のバクアップで北朝鮮軍の南進とムンによる受け入れ