スポンサーリンク

海外「日本人は飲み会では別人になる!」日本の会社の飲み会文化に賛否両論!

海外掲示板で、日本で働いている外国人が、日本の会社の飲み会文化についてスレッドを立てていました。

投稿者が日本の会社の飲み会に参加したところ、日本人の同僚たちはとてもフレンドリーで心をすごく開いていて、社員同士の士気が最高に高まってたそうです。しかし翌日会社に行くと、普段のフォーマルで堅苦しい雰囲気に戻ってたことにショックを覚えたそうです。投稿者は偽の友達を作るために飲み会を行ったかの感じて、ひどく傷ついたそうです。飲み会の時は来年で終わる仕事の契約を更新しようと思っていたそうですが、今は更新を考え直しているそうです。

以下、海外の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外の反応

■  直接的な物言いになるのは申し訳ないけど、君は感情的で要求が強過ぎると思う。同僚を不誠実な人たちにしたいように聞こえるけど、君がその状況を理解していないだけなんだよ。日本の文化では飲み会ではオープンになって、普段と違った風に振る舞い、職場とのバランスを図っているんだ。君はその文化を半分しか理解していない。全てを受け入れるか、全て拒絶するかが君にとっての最善の選択だと思うよ。それとどうか同僚に敬意を払ってください。

→(投稿者)信じてくれ、俺は失礼なことはしてないよ。俺の彼らに対する接し方は変わってない。むしろ彼らが変わったんだ。がっかりだよ。俺はいま彼ら全員を以前とは違う目で見ているわ。でも俺はその感情を上手く隠しているよ。

→自分の価値観を彼らに当てはめているんだね。日本の社会では、日本人は会社員としてすべきことをただ振る舞っているだけなんだ。そういう環境では、君の要求は満たされないし、イライラするだろうね。

■  飲み会では社交的になるけど、翌朝になると社交的じゃなくなるのってそんなに変なこと?

■  日本人は仕事のために会社に行って(人間関係を円滑にするための)緊張ほぐしのために飲み会に参加する。この二つのことは相いれない関係で、これが日本の社会の作法なんだよ。日本の社会では、仕事と社交の場は明確に区切られているし、日本人はこの領域を越えようとしないんだ。

スポンサーリンク




■  深刻に受け取り過ぎるなよ。

■  同意。オープンになるのに誰もお酒の力なんて必要ないよ。これは日本特有のことで、一滴のお酒があれば仮面を脱ぐことが許されているんだ。欧米ではこの方法は全く通用しないね。少なくとも多くの国では。ドイツはこの点に関して、日本と少し似ていると思う。

→俺がドイツでインターンをしてた時にその印象を受けたよ。昼食をドイツ人の同僚たちと取ってた時に気づいたんだけど、ランチの時間の彼らは普段とは全く別人だったんだ。ドイツ人はオフィス環境をただフォーマルな雰囲気にしたいだけなんだと思うな。

■  仕事は仕事。遊びは遊び。

■  これは外国人によくある不満だね。たしかに酷いよな。

→飲み会でストレス発散して、翌日通常の業務に戻るのは「酷い」ことではないだろ。

■  何年も前に俺が日本にいた頃、木曜日に飲み会があったから厄介だったわ。だって金曜日は二日酔いで働くことになってたからね。

翻訳元:http://ux.nu/o3s8I