スポンサーリンク

韓国人「ノーベル賞級だ!」東大が開発した”割れても直るガラス”に韓国人から称賛の嵐!

12月14日、東京大学の相田卓三教授らの研究チームが、割れたガラスを常温で数時間押し当てると修復するガラスを開発し、米科学史のサイエンスに発表しました。

ポリエーテルチオ尿素という新素材でガラスを作成し、常温で1~6時間、割れた側面を互いに押し当てることで再度結合させ、強度も回復できたそうです。

研究チームは、新しい接着剤を開発する過程で、偶然この新素材に元の状態に戻る自己回復能力があることを発見し、この素材で割れても再び結合するガラスを作製しました。今後は、自然修復するガラスの研究に応用されるそうです。

このニュースに韓国人から高い関心が寄せられていました。

以下、韓国人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国人の反応

■  これは本当にすごいですね。無数の使い道があるよ。

■  スマホの液晶にぴったりだ。

■  発想自体が凄いだけでなく、成果を出した研究が素晴らしい。

■  ノーベル賞級だね。

■  基礎科学の力だ。日本ではあまりにも基礎科学の研究が活発なので偶然の発見、発明もできるようだ。

スポンサーリンク



■  大卒者の夢が公務員である、試験に重点を置いた韓国社会では、100年経ってもできないことだ。

■  ターミネーターの時代?

■  携帯電話の液晶産業がこのニュースを嫌っています。

■  日本がうらやましい。ノーベル賞を受ける理由があるね。

■  やはり日本だ。

■  本物の新技術ですね。割れても再びくっ付くガラスなんて…。

■  すごいな、日本のやつらは…。あいつらに勝つためには、私たちはより奮闘しなければならない。

■  日本を過小評価するべきではない。韓国はもっと発展して努力すべきだ。

■  私たちが河川に数十兆ウォンを費やしていた時、米国では宇宙産業が発展し、日本では科学技術の発展を遂げた…。

■  日本は今後の事を見据えて技術開発への投資をすごくしている。韓国ではそれができない。

■  素材の開発に成功したのもすごいが、素材を加工する技術を誰が最初に開発するかが第4次産業の動力になる。韓国科学技術研究所は何をしてるんだ?

■  携帯電話の液晶が割れても、一日寝て起きたら原状回復(笑)夢のようなことが現実に。

■  東芝などがいくら滅びても、日本が滅びない理由がこれだ。

■  ところで粉砕したガラスの破片をどのようにいちいち合わせるんだ…。

■  基礎科学の勝利だね。

■  日本にはノーベル賞をたくさん生む理由があるね…。

■  やはり日本の科学技術だ。

翻訳元:goo.gl/k8A8iU

『韓国人「ノーベル賞級だ!」東大が開発した”割れても直るガラス”に韓国人から称賛の嵐!』へのコメント

  1. 名前:  投稿日:2017/12/15(金) 21:04:50 ID:3a7781c9b 返信

    液晶や窓ガラスだけじゃなく
    割れる食器、どこかの割れる橋、割れるキャラ
    割れるもの全てに適用出来ればすばらしい

  2. 名前:名無し 投稿日:2017/12/15(金) 21:29:15 ID:8475cd702 返信

    何をおっしゃいます
    ノーベル賞は韓国人の為のものですよ
    私達日本人も毎年10月を楽しみにしてますよ

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/12/16(土) 02:05:17 ID:841ba5f00 返信

    実用化になれば便利な世の中になるけど、ガラス屋さんが倒産するな。

    • 名前:名無し 投稿日:2017/12/16(土) 17:33:58 ID:3fc27ed19 返信

      倒産するほどガラス屋さんがない

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/12/17(日) 02:47:19 ID:288bd3c8a 返信

    割れるゲームにも使うか?

  5. 名前:匿名 投稿日:2017/12/17(日) 03:42:23 ID:a152d2ad2 返信

    これで宇宙戦艦ヤマトの艦橋のガラスの謎が解けたな

  6. 名前:匿名 投稿日:2017/12/17(日) 19:07:49 ID:6fd2d3c44 返信

    失恋で粉々になった俺のガラスのハートも治りますか?
    至急おねがいします。(´;ω;`)