スポンサーリンク

海外「旭日旗のようだ」日本が誇る”組み木”の技術に外国人から賞賛と驚きの声!

クギやネジを使わずに木材を繋ぎ合わせる日本の伝統技術、組み木を紹介する動画に外国人から様々なコメントが寄せられていました。動画では、旭日旗のように放射線状にデザインされた組み木が紹介されていました。

以下、日本の組み木に対する海外の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の組み木に対する海外の反応

■  華やかで精密だけど、強度は強く無いように見えるな

→じゃあ、100年経っても日本のお寺が建っていられる理由を教えてくれ。当時、日本人はクギもネジも使ってなかったんだぞ。

■  日本はいつも簡単なことを難しくさせるな。

→日本には1000年以上建ち続けている木造の建造物があるんだよ。日本人は君が知らない木材の特徴を知っているんだよ。

■  ワオ、なんて美しい組み木なんだろう。

スポンサーリンク




■  日本人はドイツ人との共通点が多いな。両者は技術的な問題に対して賢い解決方法を持ってるからね。

→日本のクオリティの方がドイツのよりずっと良いよ。

■  旭日旗みたいに見えるな。

■  アメリカ人の方が何でもより良くやるね。日本人はただ全てを複雑にするだけ。

■  何て美しいんだろ。この世のものとは思えない!

■  驚くほど実用性はないが、滅茶苦茶凄いな。

■  一体どうやってこんなアイデアが思い付いたんだよ?凄い!

翻訳元:goo.gl/8sDISw

『海外「旭日旗のようだ」日本が誇る”組み木”の技術に外国人から賞賛と驚きの声!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/07/07(金) 08:02:47 ID:eedf839db 返信

    あっ、これはwwwwwwwwwwwww

    がなんか言ってくるぞw

  2. 名前:無名 投稿日:2017/07/07(金) 09:45:15 ID:162be7839 返信

    確かに細い部分の強度は低いように思えるな
    何のために生み出された組木なんだろ

  3. 名前:  投稿日:2017/07/07(金) 09:56:40 ID:2990a35e0 返信

    >驚くほど実用性はない

    コレってすげぇ実用的なんだが……

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/07/07(金) 10:47:13 ID:d0d7d41ee 返信

    「酸っぱい葡萄」論者ばかりで海外の程度が知れるwww

  5. 名前:匿名 投稿日:2017/07/07(金) 11:19:48 ID:bec90d603 返信

    装飾としては素晴らしいけど建物を作るだけの強度はないんじゃ・・・

  6. 名前:匿名 投稿日:2017/07/07(金) 13:58:38 ID:3219e6f77 返信

    何故あれを見て「実用性がない」「(不必要な)複雑化」と捉えるのかわからない。
    装飾と実用性を兼ね揃えてるからこその『木組』なのに。

  7. 名前:匿名 投稿日:2017/07/07(金) 14:39:37 ID:b2e5d6e02 返信

    2冊の雑誌のページを互い違いに重ねると、ペラペラの紙が重なり合ってるだけなのに引っ張りに強くなるという「学研の科学」で子供の頃に読んだ記事を思い出す。

  8. 名前:匿名 投稿日:2017/07/07(金) 14:53:31 ID:11faecd4a 返信

    >■ アメリカ人の方が何でもより良くやるね。日本人はただ全てを複雑にするだけ。

    そうだな
    アメリカの鉄道システムなんて、日本が全く及ばないほど素晴らしい

  9. 名前:匿名 投稿日:2017/07/07(金) 18:11:22 ID:68cef8329 返信

    もっとノーマルな継手(呼称は忘れた)の方が強度があるんじゃないの?デザイン優先なら分かるけど。

  10. 名前:匿名 投稿日:2017/07/07(金) 18:28:49 ID:f2e7106b9 返信

    柱に対して斜めに組まれるようにしてるからそれなりの強度を維持しつつ美くしさとのバランスをとってるんじゃないかな

  11. 名前:匿名 投稿日:2017/07/08(土) 03:19:52 ID:84ee4af9c 返信

    複雑にするだけ〜って簡単にしたら簡単に外れるじゃん(。・ω・。)
    技術でしょ?

  12. 名前:名無し日本人 投稿日:2017/07/08(土) 05:47:40 ID:2f121e63e 返信

    綺麗な仕上がりだ。
    それにしても、外人は値打ち解ってない。、
    大昔に鉄製の釘なんか気軽にポンポン使ってたら、湿気で錆びて木をボロボロにして、日本の木造文化財はいま残っとらんわ。
    匠の技あっての日本の文化財やん。

  13. 名前: 投稿日:2017/07/08(土) 17:53:24 ID:11e54ffa4 返信

    真っすぐな接手にすると揺れたり傾いたり、接手自身が摩耗したりすると
    ゆるんだり、ズレていってそれが建物の倒壊につながっていくわけだけど
    上から下に向かって斜めに差し込んで初めてハマる形の接手にしておけば
    横方向にズレて外れることもなく重量がかかって下に下がるほどガッチリ
    と組みあがることになる。釘などの固定無しでズレない外れない技術なんだけど
    ねぇ。
    真っすぐだと2方向に動いてしまうけど臍の太さを変えることで1方向にしか
    動かなくなる。
    その方向を上とか斜め上にしておけば持ち上げて外さない限り組まれた木材が
    外れることはない。
    その方向を接手ごとに変えて組み上げれば 一か所の接手が外れる方向に建物に
    負荷がかかっても他の接手は外れないので、問題の接手も外れる方向に動かない…
    などという組み方もできる。
    そういう技術よ。

  14. 名前:名無し 投稿日:2017/07/08(土) 20:10:59 ID:ebee3839e 返信

    「木造建築になぜ釘を使わないのか?」
    この部分が理解できない人は外人だろうが日本人だろうがこの技術の凄さが解らない。

  15. 名前:  投稿日:2017/07/11(火) 11:52:20 ID:326f2151e 返信

    組み木のほうが釘使うより強度上がるし、再利用も出来るから最高に実用的なんだけどね……
    無知は仕方ないが、無知なのに俺の方が知ってる的な発言が出来るのが凄いわ

  16. 名前:ここにいるよ 投稿日:2017/08/01(火) 10:01:46 ID:8418626ac 返信

    理解するにはまだ、時間が足りないのです。