スポンサーリンク

マルコス政権打倒に貢献した日本アニメ「ボルテスV」にフィリピン人「なんて懐かしいんだ・・・」

日本では「超電磁マシーン ボルテスV」は数ある昭和のロボットアニメの一つに過ぎませんが、フィリピンでは老若男女、誰からも愛されている国民的アニメとして認識されています。ドラえもんやガンダムなどの超有名アニメと同列に語られます。

以前フィリピンに住んでいたことがあるのですが、「ボルテスVを見たことがない」とフィリピン人に言うと大変驚かれたことがありました。日本人なのにボルテスVを知らないことが衝撃的だったようです。フィリピン人であれば、ボルテスVの主題歌の最初のイントロあたりまでは、日本語で歌うことができます!

フィリピンでボルテスVが人気の理由は?

フィリピンでのボルテスV人気は、1970年代後半のマルコス独裁政権時代に始まりました。当時、アメリカのアニメしか放送されていなかったフィリピンで、初めて日本のロボットアニメが放送され、子どもたちの間で絶大な人気を博しました。視聴率は50%を超え大ブームを巻き起こしました。

子供には大人気でしたが、反日感情が根強く残っていた当時、「戦闘シーンが暴力的だ」という批判的な意見が大人の間で多かったようです。

放送を重ねるにつれてボルテスVの人気はうなぎ昇りになり、最終回を迎える前に、突如、マルコス大統領の大統領令により、ボルテスVの放送が禁止になりました。理由はロボットの兜や刀が侍や日本兵を彷彿とさせるからだそうです。アニメの中で主人公たちが自由と正義の名の下に悪に立ち向かう姿は、独裁政権の運営に脅威を感じていたようです。

その後、マルコス政権がエドゥサ革命により国民の手で打倒された後、ボルテスVは最終回を迎えました。その後、何回か再放送がされるたびにボルテスVは、高視聴率を叩き出すアニメとなり、フィリピン人なら誰もが知っている日本アニメとして定着しました。ボルテスVは、フィリピンの民主化に貢献したのではないかと言われているほど、その影響力は計り知れません。

以下、ボルテスVに対するフィリピン人の反応を翻訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボルテスVに対するフィリピン人の反応

参考元:goo.gl/oqNuRx

■ 1970年代後半、ボルテスVの主題歌はフィリピンの国歌のようなものだったよ

→ボルテスVの主題歌は誰もが歌えるほど有名だよね。実際、フィリピンの国歌の歌詞よりボルテスVの歌詞の方が覚えてるよ

→ボルテスVは70年代後半のマルコス政権下で放送されて、2003年にも再放送されたんだよな

■ この曲を聴いてたら涙が出てきたんだけど、これって普通のことじゃないよね。私の子ども時代が懐かしいよ!!Arigatou gozaimasu

→同感。70年代後半、俺が小学校生の時にフィリピンの国営放送で初めて見たよ

■ ボルテスVの曲と歌詞を聴いて鳥肌が立って、悪と立ち向かいたい気分になったよ!

スポンサーリンク



■ 鳥肌が立ったよ!幸せだった子どもの頃の記憶が蘇ったよ!ありがとう!

■ ボルテスVは俺のお気に入りのアニメだったよ。でもマルコス大統領がこのアニメの放送を禁止した時、とてもがっかりしたんだ。だからボルテスVの最終回をまだ見れてなかったんだ。そして2011年に最初から見直してついに最終回まで見終わったよ

■ これを見て泣いたのって俺だけ?

■ 時々、カラオケでボステスVを歌うよ ^^

■ 史上最高のアニメ!

■ ボルテスV >>>> ガンダムシリーズ

■ 俺は日本が大好き!日本文化はすごくいいよね!

■ ありがとう!私は今までもこれからも、ずっとボルテスVのファンで居続けるよ!

■ くっそ〜!感動して泣いてしまったよ

■ お父さんがよく歌ってたよ。ちなみに5日後に日本に行くんだ!

■ なんて懐かしいんだ・・・